「地球規模の視野で考え、地域視点で行動する」ー グローカルステーション上高 
    北海道上ノ国高等学校  
    
          Hokkaido KAMINOKUNI High School

 

新着情報

[NEW]
・明日(11月14日)は本校開校記念日につき休みになります。
   また、風邪の罹患者が増えています。うがいと手洗いの励行を忘れずに、しっかりと休養を取り、15日に元気な姿で登校してください。(H30.11.13)
・校長ブログ毎日更新中!(H30.4.10)

 

オンライン状況

オンラインユーザー1人
ログインユーザー0人

リンク


文部科学省

  檜 山 教 育 局
 
    HIYAMA District Office. 
 Hokkaido Board of Education.


国立教育政策研究所 National Institute for Educational Policy Research

北海道立教育研究所

北海道立特別支援教育センターです


北海道高等学校教育研究会

北海道上ノ国町


  函館地方気象台

     HAKODATE LOCAL
  METEOROLOGICAL OFFICE 

 5分でできるストレス
   セルフチェック
   ~厚生労働省~


 

学校所在地

〒049-0695 
北海道檜山郡上ノ国町字大留351番地
TEL 
(事務室)0139-55-3766
(職員室)0139-55-3767
FAX 0139-55-3768 
E-mail kaminokuni-z0@hokkaido-c.ed.jp
 

閲覧について

本校ホームページの内容・写真等を無断で複写・転載することや、営利目的の利用を固く禁じます。
Copyright 2013-2018
kaminkuni high school.
All rights reserved.

 

日誌

校長挨拶
12
2018/11/02

学校説明会校長挨拶

| by 管理者
 本校は、全員の進路実現を可能にする学校です。そのために授業、特別活動、部活動すべてに渡って実力のある先生方が君達を支えていきます。楽しく学び社会に出て行ってください。
 さて、現代の様々な社会の変化は想像を上回っています。コンピュータは必需品です。そしてスマホの広がり。あらゆる情報とつながりを手に入れることが出来ます。そしてすでに始まっている人工知能の広がりです。アマゾンのアレクサのCMを知っていてますか。人間の行動や考え方を学んで対応するのです。車も自動運転になります。63%の仕事がなくなるという予測がでています。その社会で必要な力は何か。人間にしか出来ない仕事は何かと言うことです。知識や情報はAIから得ることが出来ます。しかし、AIには心がありません。うれしいとか悲しいとか、美しいとかおいしいという感情がないのです。確かにこの食べ物はおいしいと言われている情報から「このピザはおいしそうですね」というでしょう。そもそもおいしいとはどういうことか、理解できないのです。人間しか出来ないことのヒントはここにあります。そういう仕事しか残らなくなるのです。なぜ、高校で学ぶのかという答えは、AI社会で生き残る力をつけるためです。
 その力を上高でつけて欲しいと考えています。
12:51
2018/11/01

十一月の雨

| by 管理者
 ここ上ノ国も雨の冷たさが身にしむようになってきました。十一月に降る雨の寂しさはたとえようもなく、多くの詩人が歌ってきたところです。冬になれば覚悟を決めることが出来るのですが、時に小春日和が訪れたり、暖かさに未練があるから切ないのですね。郊外には収穫の終わった田んぼに稲わらが積まれ軒先には大根が干されています。
 さて、上ノ国高校の教育活動も折り返しを過ぎ、残り実質4ヶ月ほどになりました。一年生は宿泊研修を終え、企業、大学を見学し自主研修で様々なことを経験しました。集団生活のありかたも学びました。二年生も見学旅行が終わり落ち着いて勉強に向かう姿が見えます。三年生は進路実現が順調です。残りのラストスパートにかかっています。センター試験まであとわずかです。受かると決めれば受かるのです。
 日々生徒の活動を見守り、皆を幸せに出来ているのかと自分の仕事に自問自答しなが過ごしています。南向きの校長室からはコシャマインとの戦いがあった花沢館跡を望み、夏に火祭りが行われる夷王山がそびえ、12基の風力発電が悠々と回っています。わずか4年前に廃線となった江差線がすぐ目の前あります。かつては何本もの上り下り列車が走った後も草に覆われ跡形もありません。時の流れは記録をしていなければ記憶をも奪っていくものです。
            北海道上ノ国高等学校長 片 桐 清 実
08:00
2018/10/30

海外研修結団式挨拶

| by 管理者
 ハローエブリボディ ハウアーユー 。というようにいつでも英語が来ますので油断しないで英語で答えること。
 さてニュージーランドの素晴らしい文化や生活の違い、コミュニケーションを身につけてきて、帰ってからいろんな土産話を楽しみにしています。実は海外に行って気づくのは日本の素晴らしさです。日本にいては気づかないこと、当たり前のことが外国に行くとなんて有り難いものだと実感します。日本の良さに気づいて帰ってきてください。元気で帰ってくることを期待します。
07:33
2018/10/22

宿泊研修解団式挨拶

| by 管理者
 皆な元気に研修を終え、学び楽しみ共に生活をする大変さもよくわかったことと思います。
 今回の目玉の発表は、それぞれ工夫を凝らし、角度を変えて企画し、よく調べ、よく歩き、よくまとめて素晴らしかったです。社会に出たらこの能力が試されます。自分1人で企画をまとめ発表する力です。プレゼン能力ともいいます。その基礎を学んだので今後のいろいろな場面で生かしてください。
 さて、三日間の生活の中で様々なストレスを感じたことと思います。すべてのストレスは人間関係が原因です。人が自分の思い通りにならないことでストレスを感じます。しかし、人を変えることは出来ません。しかしその人に対する見方を変えることは出来ます。
 これからの高校生活がさらに充実するよう期待しています。
08:00
2018/10/16

宿泊研修結団式挨拶

| by 管理者
 明日からの研修は何のためにやるか。何事にも目的があります。勉強も、仕事も、人生もです。目的がはっきりするとやる気スイッチが入ります。
しおりでは
  学校企業訪問
  互いに信頼関係を作る。
 1つのことに取り組み成就感を味わう。
 となっています。そのための三日間になるようにしてください。
 さて、ある人が自分の子供が話せるようになった2歳半の時に、こう聞きました。
「おまえはなんかのために生まれてきたの」
 その子は即座に答えました。
「ひとを幸せにするために」
 誰でも生きる意味と目的を持っています。幸せになる権利も持っています。それは親やご先祖様や周りの人から与えられたものです。
 では元気に行ってきましょう。
08:00
2018/10/10

見学旅行解団式挨拶

| by 管理者
 君達のしっかりした研修、生活態度は素晴らしかったと聞いています。でも私は君達なら出来ると信じ、全く心配をしていませんでした。心配や不安はまだ起こっていないことに対してするものです。どうすればいいか。今を一生懸命生きればいいのです。そうすれば未来も自分で作ることができます。オリンピックの男子フィギアスケートの羽生結弦選手は、オリンピックに行く前の飛行機の中で自分が金メダルを取って日本中の人達から祝福されている姿が浮かんでうれしくて涙が止まらなかったそうです。そうなると思ったらそうなるのです。
  さて学校生活は残り半分を切りました。過去は変えられませんが今日から変わります。そして自分を変えるのは自分です。
13:31
2018/10/01

10月は神無月

| by 管理者
 秋の日はつるべ落としといわれるように、一日の流れも速いような気がします。秋晴れの空の高さ、蝉の声から虫のはかない鳴き声、冬のかすかな気配を感じる涼しさ、夕日の美しさ、夜空を飾る星の神秘さ、天の川を渡る鮭の群れ、といった自然に目と耳を傾けることで、心が洗われ自分自身を見直すことが出来ます。無心になって自然に身を任せるマインドフルネスですね。人も自然の一部です。そう思うと自然の怒りも受け入れなければいけません。
 さて、今月は修学旅行、宿泊研修と学校を出る機会があります。そういうときこそ心も体も初体験を楽しみ、学んできてほしいと思います。普段出来ないことをやってみたり、友人関係をより深くしたり、見たり聞いたりしたことを記録してまとめてください。ゲームやスマホからも自由になってほしい、友達といえども生活を共にすることの大変さも知ってほしい、家の人への感謝をしてほしい、いろんなことを願います。
 これから学校は後期という学びの区切りとなります。前期で出来なかったこと、しなかったことを具体的にして目標を持ってほしいと始業式に伝えました。一日は思いのほか短いのです。「毎日を悔いなく終わることが大切」と、どんな宗教家や哲学者も言っています。人は一日一日をどう生きるかの積み重ねで人生となります。
           北海道上ノ国高等学校長 片 桐 清 実
08:00
2018/09/28

後期始業式挨拶

| by 管理者
 入学式、始業式から半年がたちました。過ぎたことは取り返すことが出来ません。しかし今を変えることは出来ます。前期で出来たこと、出来なかったことがあると思います。出来たことがあることは素晴らしいことです。しかし、出来なかったことは、やろうとして出来なかったのか、やろうとしたことがなかったのかが大きな違いです。なかった人は、後期にやろうとすることをしっかり持ってください。そのための目標を立てましょう。目標があればどうやって実現するか方法を考えることが出来ます。
 さて、胆振東部地震では多くの犠牲者と大変な被害がありました。未だに復旧にはほど遠く、被災地の方々には希望を捨てないでほしいと願うことしか出来ません。上ノ国も二日間停電したことで、当たり前にあるものが実は当たり前でないことを実感しましたね。私の友人もむかわ町に住んでいます。「大丈夫か」と聞くと「大丈夫だ」というのです。人はそう言ってしまうのですね。亡くなった方の中に高校一年生もいました。彼女はおそらく「もう一日でいいから生かしてほしい」と願ったのではないでしょうか。残された我々は、今日生かされている一日を「どう生きているのですか」と問われているような気がするのです。
 一年生は学校に慣れ高校生活の目標を定めてください。二年生は見学旅行でさらに成長して帰ってくきてください。三年生は最後まで頑張って進路希望を実現させてください。
          北海道上ノ国高等学校長 片 桐 清 実
08:00
2018/09/03

九月の風

| by 管理者
 はや九月となり、あれだけ暑かったのが遠い昔のように感じます。江差の姥神大神宮祭が終わると秋風が吹くという言い伝え通りです。上ノ国は相変わらず風が強いものの豪雨もなく穏やかな毎日です。こんな話を聴きました。宇宙飛行士の毛利衛さんが宇宙から地球を眺めたときに、日本のある一点から青緑の光の柱が立ち上っているところがあることに気付きました。緯度経度等を計算してよく調べてみると、上ノ国の神明地区だったそうです。もしかしたら宇宙とつながっているのではないかと思わせる話ですね。確かに神明地区は地球上で唯一ブラックシリカという特殊な鉱物が採れたところです。しかも神が明らかという地名にも謎がありそうです。そういえば上ノ国を訪ねてくる友人たちは帰ってから運気が上がったり、いい出会いに恵まれたりとうれしい話をよく聞きます。上ノ国には何かがあるのかもしれません。
 さて、日常生活の習慣が人生を形作ります。生徒にはいい習慣を作るよう常々伝えていますが、どんなことも自分が決めなければできることではありません。であれば毎日するべき習慣を書き出してみることはどうでしょうか。深呼吸をする。出来るだけ「ありがとう」と言う。食事と自分の体を意識する。笑顔でいる。実現したいことを願う。こんなことを心掛けてその時を生きると習慣が行動を変え、行動が運命を変えます。最近心に引っかかる言葉があります。天才バカボンのパパの言葉で「これでいいのだ」です。この言葉は作者赤塚不二夫の一見ギャグのようでいて、マインドフルネスそのものを表す深い言葉ではないかと思います。
 上ノ国高校はみんなが笑顔で「これでいいのだ」と言いながら毎日を送っています。
            北海道上ノ国高等学校長 片 桐 清 実
08:00
2018/08/17

夏季休業明け全校集会校長挨拶

| by 管理者

 前半は少し暑かったですが、本州と違って涼しく過ごしやすい夏でした。姥神祭が終わると秋と言います。
 さて、この休み中に出来たことは何ですか。人は後悔しても仕方がありません。しかし、反省は必要です。それは次につながるからです。今日はこれからの人生の始まりです。人は変わることができます。どうか楽しい毎日を過ごしてください。

 さて、休み中に百冊ほどの本を読みました。その中にアメリカの社会学者がコンビニで笑顔の挨拶をするだけで、一万人にいい影響があるという研究があります。自分が店員に笑顔でありがとうと言うだけで、店員もお客さんに笑顔でありがとうというようになり、ねずみ算のように笑顔が広がりました。
  上ノ国でも出来ます。少なくともすぐに百人には影響あります。


08:00
12