top
 
お知らせ
[5・6月の主な予定]
5月29日(金)  考査1週間前
           進路相談会in上ノ国(1,2年・3年進学希望者) 13:25~ ジョイ・じょぐら

6月 5日(金)  前期中間考査1日目
6月 8日(月)  前期中間考査2日目
6月 9日(火)  前期中間考査3日目
6月17日(水)  職場体験学習1日目(2年)
6月18日(木)  職場体験学習2日目(2年)
6月19日(金)  PTAレクリエーション(19:00~体育館)
6月26日(金)  防災訓練
6月29日(月)  職場体験学習発表会(1,2年)
6月30日(火)  学校評議員会
 
お知らせ
 H27上高彩時記」120号UPしました!
 

Topics

ニュース!
2015/05/25new

KEEP!募金活動

| by:管理者
 5月25日(月)、上ノ国町名物の美しい夕陽の中、本校のKeeperたち(KEEPメンバー)が、ネパール大地震で被害を受けた子どもたちのために、町内のショッピング小林さん、トライマートさん、セイコーマート上ノ国店の前で緊急募金を行いました。

 生徒たちは、「世界が百人の村だったら」「世界一大きな授業」を通して学んだことをもとに、募金をしていただいた方々に、「今回の地震で犠牲になった人の数8,000人以上」「今すぐ支援が必要なこどもの数170万人」「3000円のご支援で、予防接種のワクチン105回分」「5000円のご支援で20平方メートルの防水シート3枚」など、被害の実態や必要な支援について書かれたチラシを配布しました。

 募金活動はわずか30分間でしたが、90枚用意したチラシもほとんどなくなり、訪れた皆様からは、たくさんの温かい応援の言葉をいただきました。ご協力いただきました皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました

 次回の活動は6月15日(月)の予定です。
18:20
2015/05/24new

保育所実習

| by:管理者
 5月22日(金)、3年選択『子どもの発達と保育』の19名が、上ノ国保育所のご協力により、実習を行いました。

保育所で日々行われている業務のいくつかを体験させていただきました。

事前指導で、絵本の選定から読み方まで練習した「絵本の読み聞かせ」は楽しんでもらえたようです。

この実習には次の3つのねらいがあります。
① 自己理(乳幼児と実際にふれあい、観察を通して、発達・発育について自己を見つめ振り返る)
② 社会形成能力(「育つ」「育てられる」ではなく、友に「育ち合う」関係であることを学ぶ) 
③ 課題対応能力(様々な人間関係の中で柔軟に対応し、共生が可能な人格を形成、「絵本の読み聞かせ」「紙芝居」「手遊び歌」等を通して伝達力や表現力を向上させる)

「保育所実習」は12月まで5回にわたって行う予定です。
また、2学年でも「家庭総合」の22名が9月に行う予定です。

ご協力いただきました上ノ国保育所の皆様、ありがとうございました。
21:43
2015/05/24new

世界一大きな授業 その3

| by:管理者
 5月19日(火)、3生コミュニケーションⅡでの「世界一大きな授業」は、ロールプレイング形式の擬国際会議でした。

 仮想国である支援する側の先進国のA国と支援される側である発展途上国のB国の、それぞれの国家のリーダーや学校関係者、一般市民を生徒が演じ、意見を表明し合いました。

 発表が進むうちにと、「したい援助」と「して欲しい援助」じではないことが分かってきます。

 援助する側は高等教育(大学など)の充実を提案、一方援助される側は、小学校などでの基礎教育環境の整備を訴えます。

 最後は全員が感じたことや、世界の中で日本をはじめとする先進国がするべき事などを考え、レポートをまとめて提出しました。
21:03
2015/05/24new

世界一大きな授業 その2

| by:管理者
 5月15日(金)、2年生に続いて、1年コミュニケーションⅠで「世界一大きな授業」が行われました。上ノ国中学の出身者は、この授業を昨年KEEPの活動の出前授業で体験しており、授業前に生徒たちは口々に、当時の鮮明な思い出を語っていました。

 中学生の時の出前授業とは異なる形式で、「世界の教育の現状」や「国際間の教育支援のあり方」について学びました。

 クイズや討議で、自分たちの生活ではなかなか考えが及ばない、他国の同じ年頃の子どもたちの現状や、国際間の教育支援の必要性について、1年生たちは見識を深めました。

20:33
2015/05/13

世界一大きな授業

| by:管理者
 5月13日(水)2年コミュニケーションⅡで「世界一大きな授業」が行われました。

 この授業は次のことをねらいとして全学年で行われます。
 1 世界の教育と日本の教育援助の現状を学び、教育の大切さについて考える。
 2 世界の教育現状改善のために、実際に自分たちに何ができるのかを考える。
 授業展開は教育協力NGOネットワークが提供する英文資料を使用して行われます。

 本日は、世界の識字率を知るだけではなく、外国語を通して非識字者疑似体験をしました。最後には、まとめとして「世界の子どもが学校に通えるために必要なこと」の優先順位をつけていく作業を行いました。

 英語だけを学ぶのではなく、英語を通して(ツールとして)世界の現状を知り、課題解決の方策を考える、ユネスコスクールの理念(ESD=持続可能な開発のための教育)を具体化したこの授業は、昨年度から行われています。
14:17
2015/05/11

高野連春季北海道大会函館支部大会初戦

| by:管理者
 5月10日(日)、本校野球部は数年ぶりに単独チームを編成し、初戦に挑みました。南茅部高校に対して打線爆発、結果は11対1コールド勝利しました。
 初回は4番疋田君と8番澤田君の走者一掃ランニングホームラン(記録上は3塁打と相手野手エラー)で一挙6点を先制しました。
 
その後も得点を重ね、最後は浅沼主将のタイムリーヒットでコールド勝ちを決めました。
  
 函館オーシャンスタジアムには、本校の校歌が野球部員達の誇らしげな姿を包むように高らかに響いていました。



 応援してくださいました皆様、ありがとうございました。
15:19
2015/05/08

壮行会

| by:管理者
 5月8日(金)壮行会を行いました。10日(日)の高野連春季大会函館支部大会や5月下旬から始まる高体連・高文連との支部大会に挑む各部が、意気込みや目標を述べました。生徒会長は「力戦奮闘!」の横断幕を掲げて選手を鼓舞しました。校長先生の激励のスピーチの後、各部の主将らが日々の鍛錬の成果を発揮することを誓いました。

15:15
2015/05/07

3学年保護者向け進路説明会

| by:管理者
 5月7日(木)、3学年保護者対象進路説明会を実施しました。
 はじめに、進路指導部長が卒業生の進路状況や今年度の進路指導の流れと出願手続等について説明し、講師としてお招きした北海道情報専門学校の井上朋久氏に『進学の概況と進学資金について』お話しいただきました。学費を含む家庭での進学支援のあり方や、奨学金の種類、各上級学校の就職や資格の実績の比較の仕方等について、進学先選びの具体的なお話をいただきました。
 保護者対象でしたが、親子で参加されるご家庭もありました。

15:10
2015/05/07

生徒総会

| by:管理者
 5月7日(木)に生徒総会を行いました。今年度の生徒会年間活動計画と生徒会予算案が採択されました。
 特徴的な議案として、「同好会の大会参加の交通費全額補助」と「部・同好会として認可されるための部員数・会員数の見直し」等、部活動活性化のための提案がなされ、採択されました。

15:03
2015/05/07

連休中も剛健! ~ 部活動 ~

| by:管理者
 上ノ国高校の部活動のうち、体育系の野球部、バスケットボール部、バドミントン部は、GW連休中も支部大会出場に向けて一生懸命に汗を流しました。野球部は上磯高校との練習試合を5月4日(月)9:30から本校グランドで行いました。2年生の疋田君が試合で初登板するなど、昨年まで合同チームを組んだ盟友上磯高校と切磋琢磨し、グランドに大きな掛け声や打球音を響かせていました。野球部は公式戦での久々の一勝を目指し、5月10日(日)14:00から函館オーシャンスタジアムで南茅部高校と対戦します。
 男子バスケットボール部は11日に高体連函館支部の抽選が行われ、男子バドミントン部の支部大会は28日からの予定です。
 応援よろしくお願いいたします。

09:45
2015/04/21

クリーンアップ作戦~公開授業~PTA・文化体育後援会

| by:管理者

 4月19日(日) 午前の4校時には上ノ国町全域の一斉清掃日に合わせて、全校生徒による『クリーンアップ作戦』を実施しました。
 
 学年ごとに区域を分け、学校周辺地域のゴミや松ぼっくり等を拾いました。 風が冷たいの心配しましたが、作戦開始に合わせたように注ぎ始めた暖かな陽光が応援してくれているようでした。
 生徒達は、明るく楽しくグランド周辺やバス停、駅付近に通学路等をきれいに、皆の美化意識も大変高まりました
  
  
 午後の5校時には保護者を招いて公開授業を行いました。 生徒たちは最初緊張していましたが、次第に落ち着き、明るく活気のある授業が展開されていました。 放課後はPTA・文化体育後援会総会が開かれ、26年度の事業・決算報告と27年度の事業計画・予算等について話し合い、役員改選を行い承認されました。そして、総会終了後には各学年において学級懇談が和やかな雰囲気で行われていました。
 
 アクティブな授業展開の様子です。  
 
 保護者の皆様、今年度も上ノ国高校への一層のご理解とご支援・ご協力を何とぞよろしくお願い申し上げます。
16:30
2015/04/15

宿泊研修 最終日

| by:管理者
 4月15日(水)  宿泊研修最終日、上高生としての責任と自覚に係るガイダンス③を行いました。互いを尊重し合える雰囲気作りや安全で快適な環境作りのために最低限守らなければならないルールや考え方等を学びました。

 最後に、班対抗の校歌コンクールを行いました。男女混合のB班とC班、男性のみのA班が順番に成果を披露しました。「ただ歌うのではなく、聴衆に歌詞の内容やメロディーが伝わるように歌う」ことを目標に、各班とも繰り返し練習した成果を披露しました。引率団が声量、歌詞、表現力の3点について評価しました。結果は解団式で発表されます。
 
 昼食後に班別反省会を行い、温かく指導してくださいました指導員の皆様に感謝を述べ、ネイパル森を後にしました。そして15:15、全員元気に帰着しました。 皆本当によく頑張りました。この経験は必ずや23人の今後に生かされると思います。 期待していますよ!

16:25
2015/04/15

宿泊研修 2日目

| by:管理者
 4月14日(火) 宿泊研修2日目は、8:00から学校生活ガイダンス①と学習、9:00からは生地からこね上げ、焼き上げまでを全て自分でしなければならないオリジナルピザ作りでした。全員初めての体験でしたが、ネイパル指導員の説明を良く聞き、各自が好みのトッピングと生地の厚さで仕上げ、本格的な釜で見事に焼き上げました。
  
  
  
 夕食後は、高校生活ガイダンス②進路指導(キャリアガイダンス)を中心に行なわれました。4月8日にスタートした高校生活は、初めて選択した進路であり、一層の責任と自覚ある生活が要求されます。また、黙っていても自分が望む未来はやって来ないこと、「自分がなりたい自分に成る」ためには独自の工夫をしなければならないことなど、1年生全員が真剣に耳を傾け、考えていました。

09:25
2015/04/14

宿泊研修 1日目

| by:管理者
 4月13日(月) 晴天のもと、2泊3日の宿泊研修がネイパル森で始まりました。
   
 初日は、本校のステップアッププログラムでお世話になっております、北海道教育大学函館校の本田准教授とゼミの学生6名によるコミュニケーション・スキルのワークショップ(体験型講座)が行われました。
 
 はじめに、コミュニケーションを円滑にするための「あたたかい言葉」には、どんな言葉があるかをグループで考えました。
  
 そして、間違い探しゲームや、話し合いの場でどれだけ多くの「あたたかい言葉」を意識して遣えるか、といった様々なワークショップを通して、より良いコミュニケーション・スキルについて、本田准教授をはじめ大学生の皆さんから楽しく、優しく教えていただきました。
 本田先生、6名の学生の皆さん、本当にありがとうございました。
 

 その後は、基礎力診断テストの課題学習や夕食後のスポーツレクリエーションで親睦を深めました。
 
09:15
2015/04/10

宿泊研修結団式

| by:管理者

 4月10日(金) 6校時に、4月13日(月)~15(水)にネイパル森で行われる、1学年宿泊研修の結団式を行いました。
 団長の教頭先生から、「コミュニケーションは想像力です。今スムーズにできているのならなら摩擦が起きた時の、思うようにできなくなった時には焦らず解決の方策を考えるといい。目標は単なるスローガンではないので、具体的な3年後のゴールを考えてみよう。」との挨拶がありました。
 1年生代表の三浦君が「この3日間でみんなの団結を深めよう!」と決意を表明しました。
 今回の宿泊研修はとても意義深いガイダンス研修であると同時に、たくさんの思い出が生まれる良い機会となることでしょう。
 秀峰駒ヶ岳の麓で、高校生活の素晴らしいスタートを切ってください。
  


14:27
2015/04/10

対面式、部活動オリエンテーション

| by:管理者

 4月9日(木) 対面式を行いました。
 はじめに教頭先生が、「2,3年生が卒業後の目標に向けて日々取り組んでいる背中を見て、1年生はできるだけ早く確かな目標を持ってほしい。2,3年生は言葉だけではなく、滲み出るような真剣さを見せてほしい。」と新入生と2,3年生の双方を激励しました。
 
 続いて、上ノ国高校の1年間を紹介するDVDでは、学校行事から海外研修まで、2,3年生の生き生きとした様子が映し出され、しばしば笑いも起こるなど、和やかな雰囲気でした。
 歓迎の挨拶では、生徒会長が緊張した面持ちの新入生に、「全校生徒人数が少ないからこそ、お互いに知り合って、早く慣れてほしい」と柔和に語りかけていました。
 部活動紹介では、各部活の練習を実演したり、活動内容をパワーポイントを駆使してプレゼンテーションをしました。
    
  
 
  

 新入生代表の山下さんが「上ノ国高校の生活に早く慣れたいと思います。よろしくお願いします。」と明るく元気に挨拶しました。


14:25
2015/04/09

着任式・始業式、入学式

| by:管理者
 4月8日午前に着任式と始業式、午後に入学式を行いました。

 着任式では、今年度着任された7名の先生と、檜山教育局ALTのポーラ先生が紹介されました。

  

 始業式
では、校長先生が年度のスタートにあたり、本校生にとって重要かつ不易なことについて話しました。
1 卒業(3年生は11ヶ月後)という開かれたドアの先に見える道が「進路」であり、それが何処に続く道で、どんな自分でありたいかを
 明確にデザインすること。

2 君たちの言動一つひとつが上高そのものとして評価され、全員にはね返ってくることを忘れずに、責任ある言動をとること。
3 到達点と現在を確認し、勇気を持ち、努力と忍耐を覚悟し、そして、感謝と謙虚を忘れないこと。

 第34回入学式が、国歌斉唱、生徒有志による校歌紹介、担任による呼名、校長の入学許可と式辞、ご来賓の温かい祝辞等、厳粛な雰囲気の中で挙行されました。


 式辞を聞いている新入生の表情に、これから始まる高校生活への夢や希望とみなぎる決意が感じられました。
 上ノ国町長、PTA会長をはじめ、多くのご来賓や保護者が多数来校し、新入生23名の門出を祝福してくださいました。
   

 新入生代表の酒井君
「上ノ国高等学校の生徒として誇り自覚を持ち、将来に向け真剣に努力します」と力強く宣誓しました。




11:25
2015/03/25

後期終業式、離任式

| by:管理者

 3月24日(火) 後期終業式と離任式を行いました。
 終業式で、校長先生が今年度の総括と次年度への期待について話されたあと、今年度をもって異動・退職される先生方の離任式を行いました。
 
 離任式
 校長先生による異動先等の紹介のあと、離任される先生方からお一人ずつ別れの言葉をいただきました。そして、生徒会長による感動的で立派な挨拶のあと、生徒会から花束が贈られました。多くの生徒や先生の目に涙が溢れる、優しく温かい離任式でした。
 異動・退職される先生方の本校に対する尽力に深く感謝するとともに、新任地・新生活での益々のご活躍を心から祈念いたします。


10:49
2015/03/25

海外研修報告会(最終)を行いました

| by:管理者
 3月24日(火) 昨年末に実施の予定が暴風雪のため延期となり、上ノ国小学校、上ノ国中学校への出前海外研修報告会を経て、ついに本校での最終報告会の日を迎えました。
 
 海外研修に参加した2年生4名(全員がKEEPER)が、主に次の点について報告をしました。
1 訪れた観光名所についての印象や観光資源を調べてわかったこと(高橋さん)
2 生活様式の違いやホストファミリーとの交流(長谷川くん)
3 先住民族マオリについて博物館やテーマパークで調査してきたこと(布施さん)
4 ニュージーランド人の国民性と授業スタイルとの関連や授業内容(和田くん)
5 理想の異性に関する両国の価値観の違い(全員)
 
 
 ニュージーランドの伝統的なダンスに参加した4人の臨場感溢れるビデオ上映に大きな歓声があがっていました。

 自分たちの代表による発表に、生徒達は真剣に耳を傾け、何名かの生徒から「ニュージーランドの食事について詳しく教えてください」「ニュージーランドは銃社会ではありませんか」などの質問があり、研修団は現地での経験を身振り手振りを加えて堂々と返答していました。
 
 報告を聞いた生徒達からは「声が大きくて、ハキハキと話していて良かった。『伝えよう』としている気持ちが伝わってきた」「英語スピーチを暗唱した高橋さんはすごいと思った」「充実した発表内容が面白く、映像に迫力があり良かった」などの感想がありました。

 今後もグローカルステーション上高として、地域への発信をこれからも続けていくとともに、来年度の海外研修をより一層充実した内容にする努力を続けて参ります。
 この度の報告会に際して、ご来校いただきました保護者の方々とご協力いただきました関係の皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
08:01
2015/03/19

卒業生による進路講話

| by:管理者
 3月19日(木)4校時LHRに4名の卒業生が来校し、「卒業生による進路講話」を実施しました。                
 
 町内夷王亭店主の久末さんは、「何もしないでは絶対に前に進まない。でも、行動を起こすと確実に何かが変わる。 先を見すぎて何をしていいかわからなくなった時には、落ち着いて自分の足元を見ること。今できることを一つひとつクリアしていくことが大切」と力強く語ってくれました。
 天使大学で看護士を目指している伊藤さんは、「地元を離れて家族や地域のありがたさを実感した。」と初めての一人暮らしについて述べ、感謝することの大切さを伝えてくれました。
 八雲町役場に勤務する竹内さんは、「とにかく毎日の授業を大切にすること。そして、合格内定が決まった後の時間は、次に繋がる大変貴重な学習時間である。」と公務員を目指し頑張った高校時代を振り返り、努力の中で得たことを語ってくれました。
 北海道教育大学旭川校で英語の教員を目指す鈴木さんは、「文章を書く力は高校卒業後とても必要とされる力である。在学中に多くの文章に触れること、書く練習をたくさんすることがとても大切である。」と、進学後に必要とされる力について実体験をもとに具体的に話してくれました。

 上ノ国高校を卒業し、立派に活躍している先輩の姿はとても輝いていて、それだけで在校生の大きな励みとなるものでした。そして、この春、夢の実現に向けて新たにスタートする1,2年生にとって、勇気とやる気がみなぎる大変貴重な時間となりました。
 卒業生の皆さん、本当にありがとうございました。  
16:28
2015/03/12

『水と教育』の授業を実施しました

| by:管理者
 3月10日(火)、11日(水) 2年生コミュニケーション英語Ⅱにおいて国際理解教育の一環として『水と教育』の授業を行いました。
  
 1時間目は、一日の大半を水くみに費やさなければならない、あるアフリカの少女の一日を写真と英文で理解し、もし水くみ労働がなくなったなら、少女の生活がどのように変化するのかをグループで考え、発表しました。
 2時間目は、円グラフにしたアフリカの姉弟の一日について、指定配色による判別作業を通して分析把握するところから始めました。生徒は、姉の円グラフの大部分が「家事」を表す「黄色」で占められていることや、弟だけが学校に通えていることに気づき、そのことについてグループで話し合いをしました。最後はパワーポイントによるまとめを通して、開発途上国における女子教育の過酷な現状について深く学びました。
 
 生徒たちからは、
 「同じ地球にいる、同じ女の子なのに、こんなにも違う生活を送らなければならない国があるのだと驚きました。学校に行きたくても行けない女の子がいることを知り、学校生活を一層大切に送らなければならないと思いました。」
 「女の子が学校に行けないこと自体信じがたい事ですが、そのような社会で生きなければならない女の子は、『学校に行きたい!』と自分の意思を主張することすらできないのだろうと思います。それが一番悲しく、とても辛く感じました。」
 などの感想が述べられていました。
09:26
2015/03/09

「上高彩時記」、「PTAだより」、「海外研修録」を公開しました

| by:管理者
 ← 学校だより「彩時記」(卒業号)   
 ← PTAだより(3月1日号)
    平成26年度海外研修録 → 
  を公開しました。 
それぞれのメニューより、PDFファイルをダウンロードしてください。
11:06
2015/03/01

第31回 卒業式

| by:管理者
 3月1日(日) 第31回卒業式を挙行いたしました。
 厳粛な雰囲気の中、国歌及び校歌を斉唱し、校長より卒業生24名一人ひとりに卒業証書が手渡されました。
  
 続いて、皆勤賞・精勤賞・校長賞が授与され、校長式辞、ご来賓の愛情のこもった祝辞の後、生徒会長 村上大河 君による敬愛の念に満ちた送辞と、卒業生代表 太田将矢 君による感謝と決意、そして後輩への愛情溢れる答辞が読み上げられました。
   
 校長の式辞や上ノ国町長、PTA会長の祝辞を聞いている卒業生の表情に、育て導いてくれた保護者をはじめとする多くの方々への感謝と、次なるステージへの希望、そして強い決意が感じられました。
   
 卒業生24名の前途に幸多からんことを、上ノ国高校一同心から願っています。
    
 3年間支えてくださいました保護者の皆様をはじめ、常に本校を支援してくださいます町長はじめ多くのご来賓の皆様に、深く感謝申し上げます。 本当にありがとうございました。

12:28
2015/02/28

檜山管内教育実践表彰

| by:管理者
 2月26日(木) 本校校長室において檜山管内教育実践表彰伝達式が行われました。
 高橋充檜山教育局長が来校され、生徒会長ほか代表生徒と担当顧問同席のもと、本校校長に表彰状が授与されました。

 
【表彰対象となった主な業績】
 ~生徒が主体となった特色ある教育活動や教育課程の改善・充実~
  ・ 生徒会主体のいじめ根絶への取り組み(全校生徒による「いじめ根絶討論会」等)
  ・ 生徒会やボランティア局が主体となって取り組んだ様々なボランティア活動
  ・ グローバル人材の育成を目的とした、英語科やユネスコスクール等の活動を統括する独自プロジェクト「KEEP」の活動
  ・ e-ラーニングを活用した学び直しによる基礎学力向上プロジェクト「SPEK」の取り組み
  ・ 英語、数学の複数教員配置(TT)による習熟度別授業展開
  ・ 個別指導を基盤とするきめ細かい進路指導と成果

 
この度の大変栄誉ある表彰に深く感謝申し上げますとともに、上ノ国高校一同の誇りとして、今後も地域から信頼され愛される、
魅力溢れる学校とするべく、保護者や地域との繋がりを大切に一丸となって努めてまいります。
 本当にありがとうございました。
09:20
2015/02/27

第3回学校評議員会

| by:管理者
 2月24日(火) 第3回学校評議員会が開かれました。
 第2回学校評議員会(11/25)以降の本校教育活動を説明の後、今年度を通して、評議員の皆様から次のようなご意見やご感想をいただきました。

 ・ 少人数のメリットを生かし、生徒の能力に応じたきめの細かい学習指導や進路指導が良い結果(進学・就職)を生んでいる。
 ・ 通常授業はもとより、平常講習や長期講習、代ゼミサテライン・e-ラーニングの利用等により、様々な進路希望を持った生徒
   に対応できており、塾や予備校がない上ノ国町において、本校がその役割も果たしている。
 ・ 様々なきめの細かい取り組みや特色ある活動を、もっと色々な手段でアピールしたほうがいい。
 ・ 以前より学校の方針が保護者にわかりやすいものになっており、本校の教育を理解する保護者が増えている。
 ・ 中学校での保護者説明会などで、早い時期から本校のきめの細かい特色ある教育活動を詳細に発信してほしい。
 ・ 小・中学校への様々な出前授業などは大変良い取り組みである。今後は進路指導も含め、キャリア教育全体に関わって
    小・中学校と一層連携を図ってほしい。

 賜りました多くの貴重なご意見を今後の教育活動に生かし、上ノ国高校がより一層信頼され、特色ある魅力を発信できるよう、地域の皆様との連携を大切に、教職員一丸となって努力してまいります。
 大変お忙しい中ご理解とご協力を賜り、また、平素より多くの機会を通してご支援いただきましたことに、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
09:46
2015/02/20

上ノ国中学校2年生対象の海外研修報告会を行いました。

| by:管理者

 2月13日(金)上ノ国中学校において出前海外研修報告会を行いました。上ノ国小学校(2月2日)に続いて、2回目の実施となり
ました。初めに本校校長が、カナダで冒険的な旅行をした自身の経験を語り、「町に旅費をほぼ全額支給していただける上ノ国高校海外研修は、若人にとって人生における大きなチャンスです。ぜひ上ノ国高校に入学し、研修に参加してください」と挨拶しました。
研修団長の草瀬教諭は、ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんの国連でのスピーチを一部朗読し、「マララさんがスピー
チを行ったように、ここにいる研修団もみなさんに伝えたいことがあるから今日ここに来ました。みなさんにもいつか研修に参加して
経験を語る日が来ることを期待しています」と力強く語りました。
 
     

 海外研修に参加した2年生4名(全員がKEEPER)が、先日の小学校での出前報告会と同様、次のような報告をしました。

1 訪れた観光名所についての印象や観光資源を調べてわかったこと(高橋 奈々さん)

2 生活様式の違いやホストファミリーとの交流(長谷川 峻くん)

3 先住民族マオリについて博物館やテーマパークで調査してきたこと(布施 綾菜さん)

4 ニュージーランド人の国民性と授業スタイルとの関連や授業内容(和田 蒼士くん) 

   

 最後は全員で「理想の異性に関する両国の価値観の違い」について、調査結果をもとに様々な考察を発表しました。 

 中学生のみなさんは、生き生きとした表情で報告を聞いてくれました。途中休憩の時間にも、研修団に質問する積極的な中学生の姿も見られました。さらに中学生から「ニュージーランドの学校で教えている授業内容は日本とはどう違うのでしょうか」「美味しい肉の焼き加減を教えてください」「ホームステイ中に苦労したことは何でしょうか」と次々と質問があり、研修団は現地での経験に基づいて丁寧に返答していました。 

 地域に根ざした国際感覚を大切に、グローカルステーション上高として、地域への発信をこれからも続けていきます。
 この度の出前報告会に際して、ご協力いただきました上ノ国中学校の皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。


10:53
2015/02/13

1,2年生進路講話「ふるさとで働くということ」

| by:管理者
 2月4日(水) 本校第1期卒業生であり、上ノ国町教育委員会事務局長である上野敦也氏による進路講話を行いました。 
     
 「ふるさとで働くということ」について、多くの経験談をとおしてく心が動くたくさんの言葉をいただきました。
 働くということの意味やチャレンジすることの重要性、生まれ育ったふるさとへの恩返し、家族への思い、出逢いの大切さ、そして夢を見ることの意味。
 「夢はどのように見つけたらよいのですか。」
 生徒からの素直でストレートな質問にも、笑顔でわかり易く、今の自分としっかりと向き合い将来の自分を思い描くことや何を大切に生きていくのかなど、キャリアをデザインする上で大変重要となる多くのヒントをくださいました。
 新学年へのスタートを目の前にした上ノ国高校1,2年生は、「大人が人生について語ってくれる」ということが自分達に必要なことであり、とても大きな意味をもつのだと強く感じたようです。彼等は、真剣に向き合ってくださった大先輩の背中をとおして、自分の未来を見据える勇気を持つことができたようです。
 お忙しい中、ご講話いただきました上野氏に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
16:16
2015/02/02

上ノ国小学校6年生対象の海外研修報告会を行いました。

| by:管理者
 2月2日(月) 昨年末に予定していた海外研修報告会が暴風雪の影響で中止となったため、上ノ国小学校において出前海外研修報告会を行いました。 初めに本校校長が、「費用の全額を上ノ国町が支援してくれている海外研修(ニュージーランド)は、上ノ国高校だからこそ得られる大きなチャンスです。今日の話を聞いて興味を持ったなら、ぜひ上ノ国高校でチャンスを掴み、夢を叶えてください。」と挨拶し、研修団長の草瀬教諭からは、「『やりたい』という意志を強く持って海外に飛び出してください。ぜひ、自分の目や耳で見聞きしてください。」という熱いメッセージがありました。
 
 海外研修に参加した2年生4名が次のような報告をしました。
 1 訪れた観光名所についての印象や観光資源を調べてわかったこと (高橋 奈々さん)
 2 生活様式の違いやホストファミリーとの交流 (長谷川 俊くん)
 3 先住民族マオリについて博物館やテーマパークで調査してきたこと (布施 綾菜さん)
 4 ニュージーランド人の国民性と授業スタイルとの関連や授業内容 (和田 蒼士くん)   
   
 最後は全員で「理想の異性に関する両国の価値観の違い」について、アンケート調査結果をもとに様々な考察を発表しました。

 小学生のみなさんは、最後まで真剣な表情で報告を聞いてくれました。派遣団がマオリショーに参加し、ステージ上でダンスを披露した動画に大きな歓声が上がるなど、「北海道にも先住民族アイヌがいるので、マオリの話は勉強になりました。」 「屋外でも裸足で過ごしている人がいることを知ってびっくりしました。」等の感想を述べてくれました。
 今後は海外研修で身につけたグローバル感覚を大切にし、上ノ国高校が地域のグローカルステーションとなるよう、様々な活動に繋げていくことになります。
 この度の出前報告会に際して、ご協力いただきました上ノ国小学校の皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
16:26
2015/01/30

2年生がALTとバレンタインランチを作りました

| by:管理者
 1月30日(金) 2年生のコミュニケーション英語Ⅱにおいて、家庭科の協力を得て『英語のレシピでバレンタインランチを作ろう!』を実施しました。
 ALTのPaula先生からバレンタインデーやレシピについて説明(英語)を受け、バレンタインカラーのピンク・赤・白を使った「ちらし寿司ケーキ」と「ホッケのすり身汁」、そして何ともかわいらしい「apple swan(白鳥の形をしたりんご)」に挑戦しました。
 ちらし寿司ケーキのレシピは全て英語で書かれており、生徒達は英文レシピとにらめっこしながらも、楽しく取り組んでいました。


 紅白の層に詰められた鍋の酢飯が一気にひっくり返され、丸いケーキのような形が現れると、班員からは大きな歓声と拍手がわき起こりました。
   

 酢飯の上には茹でたニンジンやサヤエンドウ、桜でんぶが生徒それぞれのセンスで飾り付けられました。
 包丁だけで白鳥の形に仕上げるapple swanに生徒達はとても感動していました。生徒達はPaula先生直伝の技を受け継ぎつつも、羽の数を増やしたりするなど、それぞれが独自の白鳥をつくり上げていました。
     

 生徒達は仕事を上手に分担し、個々の得意分野で活躍していました。「KEEPER」達はレシピをわかりやすい表現で班員に伝え、料理は「フードデザイン」選択者が中心となって仕上げていました。
 コミュニケーション英語Ⅱとフードデザインのコラボレーション授業は、英語を使って他の科目に取り組むことで、言語運用能力のみならずコミュニケーションスキルも身につけることができる、とてもアクティブで実りある授業内容となりました。

 Paula先生からいただいた感想です。
  Thank you to Suzuki Kocho sensei, Kaneko Sensei, Michiho sensei and Hida sensei who helped organize a Valentine's Day Cooking Party with American ALT Ms. Paula.  We cooked Chirashizushi Cake, soup and Cut apples in the shape of swans(hakucho).  It was so fun! Let's do it again. 

 2つの教科のコラボレーションを可能にした横断的な試みである今回のアクティブラーニングは、Paula先生が核となって成功することができました。ありがとうございました。

 校長先生からPaula先生へのお礼の言葉です。
  I really appreciate that you organaized such a great cross-curricular event for our students. The cooking party was able to be successful just because you a main person to make it creative and active.

 
13:57
2015/01/30

平成26年度スキー授業

| by:管理者
 1月22日(木)より湯ノ岱スキー場にて1・2学年が2日間ずつスキー授業を実施しました。
 各学年とも計画どおりに実施し、1月28日に無事終了しました。
 スキーの歴史や滑走技術の理解から始まり、技術レベルを考慮し3班編成で行いました。
 ● A班 → パラレルターンでの小回りやカービングターンの習得
 ● B班 → プルークターンの習得
 ● C班 → プルークボーゲンの習得
 
 各班ともリーダーを中心に一生懸命取り組み、各々目標を達成することができました。
  
 この度のスキー授業にご協力いただきました上ノ国町教育委員会及び湯ノ岱スキー場関係者の方々、並びに道立高校間連携に
より指導協力いただきました江差高校保健体育科2名の先生に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
 

12:20
2015/01/23

上ノ国中学校2学年主催学校説明会

| by:管理者
 1月22日(木) 上ノ国中学校2学年主催の学校説明会に参加しました。
 教務部長、進路部長、2年生3人が教科指導、進路指導、学校生活等についてパワーポイントを用いて説明しました。
  
 内容は、きめ細かい少人数指導のメリットや年々向上する進学・就職の実績、上ノ国町の支援による代ゼミサテラインの無料受講や通学費7割補助、ニュージーランド研修派遣費全額補助、そして、高大連携によるe-ラーニングを用いた学力ボトムアッププロジェクト「SPEK」や本年度からスタートした本校独自の英語教育プロジェクト「KEEP」(リーダーの生徒が英語で説明しました!)等についてです。
  
 そして最後には、校長が熱いメッセージを伝えて終了しました。
 上ノ国中学校2年生にとって高校進学は1年以上先のことですが、とても真剣な表情で説明を聞いてくれました。
 上中2年生の皆さん!、上高は君たちが伸ばす手を見逃しません。待っていますよ。

08:25
2015/01/16

冬休み明けの全校集会

| by:管理者
 1月16日(金) 全校集会を行いました。
 
【校長講話】
 元気な生徒達に会えた嬉しさを表したあと、17歳でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんの、『1人の子ども、1人の教師、1冊の本、そして1本のペン、それで世界を変えられます。教育こそがただ1つの解決策です。エデュケーション・ファースト(教育を第一に)。』の言葉を紹介しつつ、その感動的な演説が間違いなく語り継がれ、歴史に残るものであることを話し、それを枕に次のことを伝えました。
(1) 人は学んだ言葉によって思考すること。
(2) 思考することで様々な感情(嫉妬や攻撃したくなる気持ち等)をコントロールしていること。
(3) 言葉に笑顔をはじめ様々な表現をのせてコミュニケーションをとっていること。
(4) 人が記憶の中に生きていること。
(5) 学ぶことが全ての起点であること。

 それらをもとに、三年間学んだ3年生が、来る巣立ちの日にどんな背中を後輩に見せてくれるのか、そして1・2年生がその姿をどう受け止め、新たな学びの一歩をどう踏み出すのかを楽しみに見守りたいと話しました。
 
09:30
2014/12/22

球技大会

| by:管理者
 12月19日(金) 球技大会を行いました。
 バドミントン・男女フットサル・男女バレーボールを総当たりで行い、各クラスが団結力を発揮して各種目1位、総合1位を全力で目指しました。
 

 
<大会
成績>
バドミントン        第1位 3年A組
男女フットサル      第1位 2年A組
男女バレーボール   第1位 2年A組
<総合順位>
第1位 2年A組
第2位 3年A組
第3位 1年A組

 どの学年にとっても良き思い出となった球技大会でした。
 また、大会を運営した生徒会執行部や実行委員会のみなさんお疲れ様でした。
 若人の躍動感に満ちあふれ、明るさや楽しさ、思いやりが一杯に詰まった、見ていて嬉しくなる球技大会でした。
16:03
2014/12/18

KEEPERが上ノ国小学校で英語出前授業を行いました

| by:管理者
 12月15日(月)、KEEPER上ノ国小学校5年生英語の出前授業を行いました。
 まず始めに、各グループで、数字を英語で言い合うウォーミングアップゲームをしました。
 次に、お互いの緊張が解けたところで、『ジングルベル』を英語で歌う練習をして、みんなで大合唱をしました。小学生のみなさんは、大きな声でとても上手に歌うことができました。
 続いて、クリスマスに関係する英単語をKEEPER手作りの絵カードで紹介し、全員で音読しました。
 
 メインスタディであるクリスマスカードの書き方を説明後、小学生一人ひとりがシールやテープ、イラストを使って、"Merry Christmas!"と記入したオリジナルカードの作成に取り組みました。KEEPER達も各グループに入り、小学生を楽しくサポートしていました。

 KEEPER達は、小学生のみなさんと楽しい時間を共有した喜びと、伝えることの難しさと大切さを知ることができました。
 今後も、地域の高校として魅力ある姿を発信できるように活動して参ります。
 連携協力賜りました上ノ国小学校の皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
11:19
2014/12/18

校長面談終了!

| by:管理者
 9月8日にスタートした、全校生徒との校長面談が12月16日に当初予定を終了しました。急な出張や会議等による予定変更がありましたが、皆さんの理解と協力により、無事終了することができました。
 上高若人の皆さん、嬉しい時間をありがとうございました。
10:19
2014/12/18

海外研修報告会延期のお知らせ

| by:管理者
 本日(18日)上ノ国町「ジョイじょぐら」にて予定しておりました「海外研修報告会」は、昨日からの暴風雪警戒警報等の影響をはじめとする諸事情により、延期といたしました。今後の日程や実施方法等につきましては、関係機関と調整の上、別途連絡いたします。
08:50
2014/12/17

明日(12/18)の対応について

| by:管理者
 12月18日(木)は、通常どおり授業を行います。
 ただし、天候状況により変更の場合は、明日(18日)早朝の連絡網にてお知らせします。
16:02
2014/12/16

臨時休校のお知らせ

| by:管理者
 気象庁の発表により、17日から18日にかけて北海道全域で特別警報に相当する、数年に一度の暴風雪が予想され、交通障害や暴風、高波に対する厳重な警戒が求められるため、生徒の安全確保の観点から12月17日(水)を臨時休校といたします。
 なお、18日(木)以降の対応につきましては、17日に判断し、電話連絡網及び学校ホームページにてお知らせいたします。
 また、この間の授業については、冬季休業も含め、今後の日程の中で補充予定です。

←16日配布の保護者宛文書は、メニュー「保護者の皆様へ」からダウンロードできます。
16:42
2014/12/15

進路決定速報

| by:管理者
 12月15日現在の3年生(在籍24名)進路の合格・内定状況をお知らせします。

【大学合格】
 弘前大学(1) 酪農学園大学(1)
 ←インターネットで合格を知り、担任と笑顔でピース!

【短大合格】
 北海道武蔵女子短大(1)

【専門学校合格】
 札幌福祉医薬専門学校(2) 函館臨床福祉専門学校(1) 北海道ハイテクノロジー専門学校(1)
 札幌こども専門学校(1) 札幌ブライダル専門学校(1) 北海道理容美容専門学校(1)
 経専医療事務薬業専門学校(1) 北海道高等技術専門学院(1)

【公務員合格】
 上ノ国町役場(1)

【就職内定】
 ネッツトヨタ函館(1) 道栄建設(1) 上ノ国福祉会(1) グループホームおだやか(1)
 カタセールえさし(1) 特別養護老人ホームえさし荘(1) 函館大庚会(1) ビオフレックス(1)
 アルファニーズ(1) 洸立テクノ(1)
09:00
2014/12/11

ステップアップ・プログラム

| by:管理者
 12月9日(火) 北海道教育大学 本田先生による、今年度最後のステップアップ・プログラムを全学年全員を対象に実施しました。

 日常起こりうる問題を解決するプログラムで、先月行われた「いじめ根絶討論会」の内容と密接にリンクした、とてもタイムリーな内容でした。

 体育館に集まった全校生徒が、各学年1人ずつの3人編成からなる25グループをつくり、SNSをきっかけにはじまるいじめ事例に
ついて考え、解決方法について話し合いました。

 実現の可能性に関係なく、思いつくかぎりの解決案を出し、さらに4つに絞りこみます。次にその中から有効だと思われるものを一つ選び、最終的に解決のための具体的な言動まで導き出す話し合いをしました。

 各グループでは上級生が後輩を丁寧にリードし、メンバー3人がしっかりとコミュニケーションをとりながら最終的な解決方法を発表し、全員で共有することができました。
 8月からスタートし、毎月様々な角度から人間関係形成能力やコミュニケーションスキルの向上・育成を図る取り組みを実践してきた本プログラムは、生徒をはじめ、我々のスキルアップにもつながったと確信しています。
 今後は、次年度に向けて新たな取り組みを企画し、成果をつなげていく予定です。
07:21
お知らせ
  ← 2014年度のニュースは、左側「過去のTopics
     欄にあります。
 

研究指定事業等

  • 平成21〜           道教委『高校生ステップアップ・プログラム』指定校
  • 平成24      高大連携(函館大谷短大千歳科学技術大
  • 平成24〜      高校間連携(北海道江差高等学校)
  • 平成23〜24年度 道徳教育推進事業指定校
  • 平成26~      道教委『いじめ未然防止モデルプログラム』作成指定校