オンライン状況

オンラインユーザー1人
ログインユーザー0人

リンク


文部科学省





  檜 山 教 育 局
 
    HIYAMA District Office. 
 Hokkaido Board of Education.


国立教育政策研究所 National Institute for Educational Policy Research

北海道立教育研究所

北海道立特別支援教育センターです


北海道高等学校教育研究会

北海道上ノ国町


  函館地方気象台

     HAKODATE LOCAL
  METEOROLOGICAL OFFICE 

 5分でできるストレス
   セルフチェック
   ~厚生労働省~


 

学校所在地

〒049-0695 
北海道檜山郡上ノ国町字大留351番地
TEL 0139-55-3766
FAX 0139-55-3768 
E-mail kaminokuni-z0@hokkaido-c.ed.jp
 

閲覧について

本校ホームページの内容・写真等を無断で複写・転載することや、営利目的の利用を固く禁じます。
Copyright 2013-2016
kaminkuni high school.
All rights reserved.

 
主な予定
[5月の主な予定]
 5月 6日(金)  1学年進路ガイダンス
 5月10日(火)  生徒総会

 5月12日(木)  高体連・高文連壮行式

 5月17日(火)  前期教育相談面談(18日まで)
 
お知らせ
 『上高彩時記124号春号』をアップしました。
 
Topics
ニュース!
1234
2016/05/02new

上高ステップアップ・プログラム

| by 管理者
 4月26日(火)5、6校時、第1回上高ステップアップ・プログラムを実施しました。
 7年間継続して北海道教育委員会の指定事業として行ってきましたが、今年度からは本校教諭が独自に企画・実施することになりました。コミュニケーション・スキルの向上自己理解・他者理解など、これまでのステップアップ・プログラムの理念である、生徒の「心の成長」を継続しながら、年5回、異なるテーマで行います。
 第1回目の今回は、お互いの顔が見えるコミュニケーションにおけるスキル向上をテーマに活動しました。話し相手に対して、5つの要素を意識して、学年混合のグループ内でコミュニケーション活動を行い、体験した感想を全校で共有しました。
 5つの要素「FELOR
 F (Face:相手に顔を向ける)
 E (Eye contact:相手の話に関心を持っているという意志が伝わるよう柔らかな目を向ける)
 L (Lean:相手に身体を向ける)
 O (Open:心を開き、相手を受容する)
 R (Relax:リラックスする)
   
    
 あたりまえのように毎日顔をあわせて相手と話す時にも、FELORを意識することによって、より快適なコミュニケーションができることを生徒たちは理解しました。
11:09
2016/04/24

部活動練習

| by 管理者
4月23日(土)、24日(日)は春季大会に向けて各部とも練習に取り組んでいました。
 野球部は、松前高校との合同チームとなり、土日両日とも本校グラウンドで合同練習を行いました。
  
 バレーボール部は檜山北高校、江差高校、八雲高校との合同練習を本校体育館で行いました。1年生の加入により女子チームが成立し、4月30日(土)函館遺愛女子高校で行われる函館地区春季大会の第4試合で江差高校との対戦が決まり、公式戦初戦を迎えます。
  
 応援よろしくお願いします。
12:51
2016/04/24

バスケットボール春季大会

| by 管理者
 4月23日(土)、先陣を切ってバスケットボール部函館支部春季大会初戦に臨みました。函館商業高校を相手に、序盤は接戦でしたが、攻撃の速さと粘り強いディフェンスに苦戦して徐々に点差を広げられ、62対87のスコアで初戦敗退となりました。
   
 高体連支部大会に向けて、課題と成果を省みて、改善に取り組みます。
 保護者の皆さんの熱い応援に感謝申し上げます。ありがとうございました。
12:44
2016/04/24

3学年保護者対象進路説明会

| by 管理者
 4月22日(金)、 3年生保護者を対象とした進路説明会を実施しました。
 本校進路指導部長より昨年度の本校の進路決定状況や、3年生が進路決定のための行う校内の手続などについての説明の後、北海道教育委員会キャリア教育アドバイザーの岩崎寛氏(札幌商工会議所附属専門学校募集推進部グループリーダー)から、社会の求める人材になるためのアドバイスや、将来に向けて今から家庭でできることなどについてお話いただきました。長く企業に勤められ営業や人事を担当された経験から、具体的で示唆に富んだお話を聞くことができました。
  
12:43
2016/04/24

クリーンアップ作戦

| by 管理者
 4月21日(木)、雨天延期となっていたクリーンアップ作戦を4時間目に行いました。
 学年ごとに区域を分け、学校周辺地域のごみや松ぼっくりなどを拾いました。明るい陽射しと暖かな風が穏やかに吹く中、生徒たちはグラウンド周辺やバス停など注意深くごみを拾い、美化意識も高まりました。
  
  
12:43
2016/04/24

公開授業、PTA・文化体育後援会総会、学級懇談

| by 管理者
 4月17日は日曜日でしたが午前中は授業を行い、午後から保護者を招いて公開授業を行いました。
  
 ↑1年生『国語総合』37名の生徒と保護者で教室は一杯です。 ↑2学年『数学A』難問に立ち向かっている様子です。
    
 ↑2学年『数学A』生徒の発表・討議の様子です。        ↑3学年『情報処理』キーボードを叩く音が教室に響いていました。 

 放課後はPTA・文化体育後援会総会が開催され、27年度の事業・決算報告と、28年度の事業計画・予算などについて話し合い、PTA役員改選を行い、承認されました。
 総会終了後は、各学年において学級懇談が和やかな雰囲気で行われました。
 保護者の皆さま、今年度も上ノ国高校への一層のご理解とご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。
11:56
2016/04/16

1学年宿泊研修

| by 管理者
 4月13日(水)から15日(金)の3日間、1学年宿泊研修ネイパル森にて実施しました。
 1日目、体育館でネイパル森のTさんの指導によるアイスブレイキングでうち解け、コミュニケーションスキルトレーニングで班ごとの交流を深めました。
 夕食前に50分授業2回分の学習会を行い、夕食後にはミニバレーボール大会で親睦を深めました。
   
   
   
 ↑コミュニケーションスキル・トレーニングで解答が出来上がり、担当のTさんを呼ぶ班の生徒たちの様子です。   
  
                                                 ↑2時間分の学習を黙々とこなす生徒たちの様子です。
   
                                                      ↑ミニバレーボール優勝のI 班、喜びの笑顔です。
 2日目、授業や進路についての学校生活ガイダンスでは、目的を持って主体的に高校生活を過ごしていくための様々な情報を得ました。特に検定取得については、3年間で取得できる資格・検定の一覧が示され、今すぐに計画をたてて準備しなければならないこと、取得に向けて家庭学習が欠かせないことを全員が理解しました。昼食は、ほぼ全員初めての体験となる、生地から手作りのピザを、ネイパル森の理事長さんの手作り窯で焼き上げました。
   
 ↑ガイダンスでは、中学と高校の違いについて認識を深めました。昼食のためのピザ作りは9時半から仕込みが始まりました。
   
   
 ↑仕込みが終わったピザを、窯まで運びます。窯は300℃超、あっという間においしそうに焼き上がりました。
   
                           ↑隣接する「ちゃっぷ林館」で入浴しました。 ↑ガイダンスⅡで、進路について学びました。 
 最終日は学校生活ガイダンスで高校生活のルールの説明があり、その後班対抗校歌コンクールを行いました。最後に、生徒個々が高校生活の決意表明を発表し合い、帰路につきました。
    
 ↑ガイダンスⅢの様子です。校歌コンクールは声量・表現に優れたA班が優勝しました。決意表明では全員がスピーチをしました。
 3日間、生徒たちは中学校まで学んできたチームワークを存分に活かしつつ、更に高いレベルの自治活動に積極的に挑戦しました。司会やスピーチは原稿を読まずに語りかけ、日程を生徒各自が把握し、引率の先生に指示を受ける前にリーダーたちが率先して班を誘導していました。
   
 ネイパル森内で行われる『アウトメディア・チャレンジ』にも学校として参加し、デジタルメディアから離れて活動・交流する目標を達成しました。37名の35期生は学校に戻り、研修でのガイダンスを参考に高校生活ですべきことの計画を改めて練り直していく予定です。とても有意義な研修となりました。
12:05
2016/04/12

対面式

| by 管理者
 4月11日(月)、生徒が主体的に企画と運営をする今年度最初の生徒会行事である、対面を実施しました。
 校長先生は上ノ国高校が生徒同士のつながりを大切にする良い雰囲気の学校であることを述べました。
 生徒会長川島さんは、歓迎の温かい言葉を述べ、生徒会執行部が作成したDVDの上映では、学校祭から海外研修まで、上ノ国高校の様々な行事が紹介されました。
 各部活動の紹介のあと、新入生代表挨拶で碇君が「対面式のおかげで学校生活が楽しみになりました。」と元気に感謝の気持ちを
2,3年生に伝えました。
  
 ↑川島生徒会長              ↑生徒会執行部作成による学校紹介DVD上映
  
 ↑野球部                                     ↑バスケットボール部
  
 ↑バレーボール部                                   ↑陸上部
  
 ↑総合文化部                                 ↑ボランティア局                               
  
 ↑KEEPER                                               ↑新入生代表 碇君
10:22
2016/04/12

着任式・始業式、入学式

| by 管理者
 4月8日(金)、午前に着任式と始業式、午後に入学式を行いました。
 着任式では、今年度着任された4名の教職員が紹介され、生徒会長の川島さんが歓迎の言葉を述べました。
 続いて、始業式では、校長先生が年度のスタートにあたり、今年一年、生徒には様々なことに挑戦してほしい、と激励の言葉を述べました。
  

 第35回入学式は、国歌斉唱、生徒会執行部と部活動生徒の有志による校歌紹介、担任による呼名、校長の入学許可と式辞、ご来賓の温かい祝辞など、厳粛な雰囲気の中、執り行われました。
    
  
 式辞に耳を傾ける新入生の表情には、これから始まる高校生活へのみなぎる決意が感じられました。
 上ノ国町長、PTA会長をはじめ、多くのご来賓や保護者が来校され、新入生37名の門出を祝福してくださいました。
 新入生代表の久末さんが、上ノ国高等学校の生徒としての自覚と誇りを持ち、将来に向けての決意を堂々と宣誓しました。
  
 生徒にとっては一生に一度の高校の入学式、ホームルーム担任の五十嵐教諭は、黒板いっぱいにチョーク・アートを描き、新入生を
温かく迎え入れました。
07:44
2016/04/08

英語検定『奨励賞』受賞

| by 管理者
 本校では上ノ国町の支援により検定合格者の受検料が全額補助(※検定によっては半額の場合もあります)となります。
 昨年度はこの恵まれた環境のもと、上高生は様々な検定取得に挑戦しましたが、この度、公益財団法人日本英語検定協会より、年3回の検定に多くの受検者の参加があった団体に贈られる『奨励賞』を受賞しました。
 本校の英語科は、受検者に、放課後の対策講習や添削、2次試験面接対策など個別指導を行っています。
 受賞を励みに、上高生は、更に積極的に、より上の級を目指して努力を継続していきます。
11:17
2016/04/08

学年末・学年始休業も『質実剛健』

| by 管理者
 3月25日からの学年末休業、4月1日からの学年始休業中も、上高生は部活動講習など忙しい毎日を送っていました。
 各部の新年度の大会などへ向けての練習の様子と、新入生の皆さんへのメッセージです。
  
 ↑昨年単独チームでの悲願の一勝を経験した野球部です。         「新入生の皆さん、ともに白球を追いましょう!」 
  
 ↑昨年強豪チームとの合同合宿を経験したバレーボール部です。        「一緒に公式戦デビューを勝利で飾りましょう!」
  
 ↑昨年躍進したバスケットボール部です。              「上高を道南ブロックの常勝チームにしませんか?」

  
 ↑昨年創立の総合文化部です。                  「得意なことを好きなだけできますよ、放課後は一緒に楽しみませんか?」   
  休業中の貴重な時間、部活だけでなく進路希望実現のための準備にも余念がありませんでした。 
  
 ↑公務員試験対策は、早期取組が成功の鍵。2年生の対策講習の様子です。

 いよいよ新年度を迎える上高生の活躍にご期待ください。
07:33
2016/03/28

賞状伝達式、終業式、離任式

| by 管理者
 3月24日(木)、賞状伝達式終業式離任式を行いました。
 生徒は昼休みの後、大掃除と新年度に向けての教室移動を終え、体育館に集合しました。
 賞状伝達式では漢字検定簿記検定の合格者に対する証書の伝達を行いました。
  
 終業式では全員で校歌を歌ったあと、校長先生が今年度の総括と努力への賞賛、そして、上高彩時記に載せた高村光太郎の詩とともに「」について述べつつ、次年度への期待について話されました。
 離任式では離任される方々の異動先等の紹介と、離任される方々から別れの言葉をいただきました。
 生徒会長挨拶では、その優しく温かい心のこもったスピーチに多くの先生方や生徒の目に涙が溢れました。生徒会から感謝の花束贈呈、離任者退場ではアーチを作って送り出しました。今年度最終登校日となった一日は、とても優しく暖かい雰囲気につつまれていました。
  
  
 離任される方々の本校に対する尽力に深く感謝するとともに、新天地での益々のご活躍を心から祈念いたします。
 ありがとうございました。
08:40
2016/03/24

家庭科・上ノ国町栄養士・食生活改善協議会タイアップ授業

| by 管理者
 3月16日(水)、1学年「家庭総合」において、上ノ国町管理栄養士鈴木弥生さんと上ノ国町食生活改善協議会木村明美さんと6名の会員の方々をお招きし、『食生活の改善』をテーマに調理実習を実施しました。
 木村さんからは、食生活はただ生命を維持するだけでなく、人の精神の有り様にも関わる大切なものであることを、実体験を通してお話いただき、鈴木さんからは、バランスのとれた食事のために、手のひらで量を図る「手秤法」を教えていただきました。
  
 調理実習では、フライパン一つでできる料理や、郷土料理を親切に教えていただきました。
  
 
 【メニュー】
 ◎キャベツとシーフードの重ね蒸し
 ◎グラタン
 ◎油淋鶏
 ◎炒り豆腐
 ◎ごっこ汁
 ◎かぼちゃ団子

 
 上ノ国町の豊かな食材を楽しく料理することによって、心と身体に美味しさを与えられることを学習し、あらためて上ノ国町の素晴らしさを認識することができました。
 お忙しい中、お越しいただきました皆様に感謝申し上げます。 本当にありがとうございました。
13:00
2016/03/22

地歴公民科 特別講義

| by 管理者
 3月18日(金)5、6校時に、1学年「現代社会」と2学年「日本史B」合同で、環境問題について北海道大学大学院文学研究科の笹岡正俊准教授 による特別講義を行いました。 行った授業のねらいは次のとおりです。
 1学年「現代社会」・・・幸福・正義・公正とは何かを考えるために学習してきた現代社会の諸現象や諸課題についてのまとめ
 2学年「日本史B」・・・原始・古代からの我が国の歩みの結果として現代社会でどのような課題が存在しているのかについて考える
 
 前半は、東南アジアにおけるアブラヤシの農園開発が日本人の生活に深く関わっており、それが引き起こす問題について現地調査のデータや写真でわかりやすく説明していただき、後半は問題解決に向けてどのような取組が可能かについて学年混合のグループ討議を行いました。
  
  
  
 日本人の生活が物質的に豊かになればなるほど、途上国における生態系が破壊されていく現実を理解し、「今回学んだことを身近な人に伝える」・「アブラヤシからとれるパーム油由来製品の使用をひかえるよう心がける」など、すぐ実践できる取組についての意見が活発に交換されました。
 今回の授業は、世界の現実を考えながら身近な地域で活動するグローカルな思考の重要性を改めて認識する大切な機会となりました。
 笹岡准教授にはお忙しい中、貴重な機会をいただき、深く感謝申し上げます。ありがとうございました。
16:40
2016/03/22

英語ポスタープレゼンテーション(英語科・家庭科教科横断授業)

| by 管理者
 3月17日(木)、2学年「コミュニケーション英語Ⅱ」で、家庭科との教科横断授業で諸外国の代表的な料理を調理したInternational Cooking Classのまとめとして英語ポスター・プレゼンテーションを行いました。レシピと自分たちの調理の様子の写真などを貼り付けたポスターを掲示し、「チームワーク」、「アイコンタクト」、「適切な声量」「明確さ」「GENKI(笑顔や快活さ)」の5段階の評価項目に気をつけながら英語で発表を行い、グループどうしで相互評価も行いました。
  
  
  
  
  
 発表後にはPaula先生から実習や料理の感想などの質問がなされ、生徒たちは英語で回答していました。
  
16:35
2016/03/16

KEEP 書きそんじハガキ回収

| by 管理者
 3月15日(火)、12月下旬に開始し、上ノ国中学校・上ノ国小学校・河北小学校・滝沢小学校・道の駅もんじゅ・江差信用金庫上ノ国支店・ショッピング小林・トライマートの皆様にご協力いただきました「書きそんじハガキ回収」が終了しました。
 いただきましたハガキや金券等の枚数をKEEPERが数えたところ2,640枚もあり、1枚45円換算で118,800円分にもなりました。
   
 ↑江差信金上ノ国支店設置の様子です。                ↑道の駅「もんじゅ」設置の様子です。(山内支配人)   
  
  
  
 いただきましたハガキ等は日本ユネスコ協会に送付し、教育機会に恵まれない途上国の人たちの寺子屋建設費用に役立てられます。
 
 活動にご協力いただいた皆様に心から感謝申し上げます。 ありがとうございました。
06:37
2016/03/11

KEEP 『英語劇』 出前授業

| by 管理者
 3月10日(木)、『英語劇 出前授業』を上ノ国小学校6年生「英語の時間」に実施しました。
 1学年「コミュニケーション英語Ⅰ応用クラス」で、教科担任の厚海先生とALTのポーラ先生の指導のもと、9月から準備を行ってきました。コミュニケーション英語Ⅰで学んだことに加え、『世界一大きな授業』を通して学んだ国際問題の知識を「英語劇」で総合的に表現することで、言語運用能力課題解決能力を向上させることを目的とした取組です。
  
  世界最貧の架空の国が舞台で、女性だからという理由で学校に行くことが許されない10代の少女が、駐留している国際機関の女性医師との出逢いと助言により教育を受けて自立して医師になる、本校校長原案のストーリーを英訳脚本化したオリジナル英語劇"My School Dream"です。
  
    
  
 約20分の上演後、6年生の皆さんが8つの小グループに分かれ、高校生がリーダーとなり写真を見せながら性差別教育の質飲み水の確保などの国際問題について説明をしました。児童の皆さんからはたくさんの質問があり、活発な質疑応答となりました。
   
    
  
 最後に英語版じゃんけん"Rock, Paper, scissors" 、歌にあわせて身体を動かす "Head, shoulders, Knees and Toes"の英語を使った遊びで交流し、会場は笑い声に溢れました。
  
  
   
  
 6年生担任の先生からは、児童の皆さんにとっては世界の諸問題に触れる貴重な経験となり、卒業前の楽しい思い出になったと感想をいただきました。
 劇(ドラマ)を取り入れる授業は「表現教育」として世界各国で取り入れられており、日本国内でも芸術や体育、国語教育で幼稚園から大学院まで行われていますが、本校のような外国語教育と国際理解・開発教育を融合させた取組はあまり例がありません。
 ご協力いただきました上ノ国小学校教職員の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。
07:11
2016/03/10

進路決定!

| by 管理者
 3月7日(月)、国公立大学 一般入試 前期日程の結果が発表され、本校の三橋さんが小樽商科大学見事現役合格となりました。
 三橋さんは、「どんなに辛くても途中であきらめずに続けることで合格できました。指導をしていただき、ありがとうございました」と喜びいっぱいに語ってくれました。三橋さんは毎日の授業はもちろんのこと、放課後の講習と模試に継続して取り組んできました。センター試験後の二次試験対策では、3年生が家庭学習期間となってからも毎日登校し、個人指導を受けていました。
 後輩の皆さんも高い目標を持ち、努力を継続して希望の実現を果たしてほしいと思います。 
 三橋さん、本当におめでとう!
 
 吉報に万歳!(左から五十嵐HR担任、三橋さん、金子進路指導部長)
07:51
2016/03/02

第32回 卒業式

| by 管理者
 3月1日(火)第32回卒業式を挙行いたしました。
 厳粛な雰囲気の中、国歌及び校歌を斉唱し、校長より卒業生30名一人ひとりに卒業証書が手渡されました。
  
 続いて皆勤賞・精勤賞・校長賞が授与され、校長式辞、ご来賓の愛情こもった祝辞の後、生徒会長 川島さんによる敬愛の念に満ちた送辞と、卒業生代表 和田君による感謝と決意、そして後輩への愛情溢れる答辞が読み上げられました。  
  
  
 校長式辞や上ノ国町長、PTA会長の祝辞を聞いている卒業生の表情には、育て導いてくれた保護者をはじめとする多くの方々への感謝と、次なるステージへの希望、そして強い決意が感じられました。
  
  
 式歌斉唱では、調和のとれた二部合唱による歌声が式場内に響き渡りました。
  
 30人が入学してから一人も欠けることなく卒業を迎えた32期生の前途に幸多からんことを、上ノ国高校一同心から願っています。
 3年間支えてくださいました保護者の皆さまをはじめ、常に本校を支援してくださいます町長はじめ多くのご来賓の皆様に、深く感謝申し上げます。 本当にありがとうございました。
13:00
2016/02/25

第3回学校評議員会

| by 管理者
 2月23日(火)、第3回学校評議員会が開かれました。
 12月以降の教育活動報告後、評議員の皆様から多くの貴重なご意見をいただきました。

◎ 学校評価の結果には、生徒・保護者共に上ノ国高校に対する満足度が年々高まっていることが明確に示されている。
◎ 今後も様々な取り組みによって生徒の活躍の場を作り、生き生きとした表情が見られる学校であってほしいと思う。
◎ 教員による自己評価は全体的に厳しい評価となっているが、自己満足せずに、自らの課題に対して真摯に向き合う姿勢が伺える。
◎ 携帯電話・スマートフォン等インターネット接続可能な機器は、ほとんどの中学生が所有している。しかし、子ども達を有害情報から守るセキュリティーの機能等は保護者も理解できていないことが多いため、SNS等のインターネット利用に係る最新の情報や家庭でのルール作り等、学校と家庭で共有できる機会があると良い。
◎ 上ノ国高校で、大学等進学に向けての授業外の個別指導を行っていることは、上ノ国町の中学生の保護者にも知られている。今後も個別に対応したきめ細かい親身の指導を期待している。

 賜りました貴重なご意見を、今後の教育活動に生かして参ります。
 大変お忙しい中ご来校くださいました評議員の皆様、1年間、本当にありがとうございました。
13:33
2016/02/23

インフルエンザ予防コラボ・ポスター(保健委員会)

| by 管理者
 1,2年生の保健美化委員8名が、厚生労働省のインフルエンザ予防を呼びかける「インフルエンザ コラボ・ポスター展」に参加しました。
 厚生労働省の啓発キャラクター『マメゾウ君&アズキちゃん』と、上ノ国町のキャラクター『かみごん』のコラボ・ポスターを校内に掲示し、今後は町内の施設にも掲示していただく予定です。
 2月25日(木)から3月14日(月)まで、東京霞ヶ関の厚生労働省1階ロビーに、全国120以上の団体が作成したコラボポスターとともに展示されます。 
  
  
12:19
2016/02/23

JICA「グローバル教育コンクール2015」表彰式

| by 管理者
 2月21日(日)、JICA市ヶ谷ビル(JICA地球ひろば)にて、「グローバル教育コンクール2015」表彰式が行われ、KEEPの顧問である草瀬教諭が出席しました。本校KEEPの取り組みが「グローバル取り組み部門」において佳作を受賞し、総数91作品の中から12個人・団体が受賞し、高校として団体受賞したのは、北海道では本校のみでした。
 表彰状授与のあと、受賞者のスピーチで草瀬教諭は生徒が国際ボランティア活動に取り組むうちに、自尊感情を高め生き生きと行動するようになったと述べました。
  
  
 日本学校教育学会前会長をはじめ5名の審査員の方々による講評では、グローバル教育は幼児から大学生まで年々広がりを見せているものの、市民や企業も取り組んでいるがまだまだ数は少なく、今後は内容を深めるとともに積極的に発信し、お互いにネットワークを作って日本にグローバル教育を根付かせて欲しい とのお話がありました。
 最後に理事長賞、地球ひろば所長賞受賞者によるポスターセッションと受賞者全員での記念撮影が行われました。
 本校生徒や教職員のみならず、PTAや町内の小中学校の児童会の皆さん、地域の方々のご協力あっての受賞と考えています。
 心から感謝申し上げます。 ありがとうございました。
06:39
2016/02/22

北海道教育委員会 鶴羽委員 学校視察訪問

| by 管理者
 2月19日(金)、北海道教育委員会の鶴羽佳子委員が、毛利檜山教育局長、長居企画総務課長、本庁総務政策局山崎主査とともに視察訪問されました。学校概要説明の後、本校教員に激励の言葉をいただき、本校独自の英語教育プロジェクトである「KEEP」が校内外で展開してきた授業を視察されました。
 今回ご覧いただいたものは、昨年5月の世界教育フォーラム2015インチョン宣言」における「SDGs:Sustainable Development Goals : 持続可能な開発目標」の認知向上を目指した、国際連合の「The Global Goals」キャンペーンをもとにした授業内容でした。

 普段は習熟度2展開で行っているコミュニケーション英語Ⅰを、一教室でKEEP顧問の草瀬教諭をメインに、檜山教育局ALTのポーラ先生、英語科の飛騨教諭、厚海教諭がサポートする展開でした。1年生の明るく元気な生徒たちは、真剣に「世界規模で考え、一人ひとりが自分にできることを考え実践していくことthink globally, act locally)」に取り組んでいました。そして、ESD(Education for Sustainable Development「持続可能な開発のための教育」)の重要性をしっかりと再認識していました。

 鶴羽委員からは、KEEPのみならず、全教職員の様々な取組や日々の努力と生徒の意欲的な活動に、教育への強い情熱が込められたお褒めの言葉をいただきました。実業家でいらっしゃるので、目や耳から入ってくる情報を瞬時に的確に評価判断されているのだと思いますが、その厳しい眼差しとともに、教育への深く強い情熱と温かさを感じさせてくださいました。
 本日いただきました、本校への温かい励ましの言葉に改めて深く感謝申し上げます。 本当にありがとうございました。
 
   
09:00
2016/02/17

2学年選択科目フードデザイン 『地元食材で創作料理』!

| by 管理者
 2月17日(水)、2学年選択科目「フードデザイン」で、毎年恒例の「地元の食材を使用した創作料理」実習を実施しました。
 栄養、見た目、味、食べやすさ、コストパフォーマンスなど料理を多角的にとらえ、上ノ国町の特産物を誰にも親しまれる魅力の一皿にすべく、グループ討論をしてレシピを考えました。
 家庭科の調理実習は、片付けも含めて2校時続きで行われるのが一般的ですが、料理の手軽さも重要項目のひとつであることから、1校時50分で行いました。
  
 ↑ 上ノ国産の苺と粒あんをくるんだ 『いちごまん』 
  
 ↑ 上ノ国で獲れる鮭と野菜の餡 『鮭焼売2種
  
 ↑ 上ノ国の新鮮なイカの身と墨を使い、鰹節のかわりにとろろ昆布を使った 『いか焼き

 笑顔に、各グループが考え抜いた一皿への自信が伺えます。いずれも手軽にできるので、今後は町民の皆さんにレシピをどのように広めるかを考えます。
16:49
2016/02/16

International Cooking Class (家庭科・英語科)

| by 管理者
  2月10日(水)、2年生コミュニケーション英語Ⅱにおいて、International Cooking Classを実施しました。この授業は家庭科英語科が合同で実施している教科横断型プロジェクトです。
 1月末から5班に分かれて準備を始め、家庭科で各国の伝統的料理のレシピと材料を調べ、英語科では料理に関する英語表現をALTのポーラ先生に学びました。
  
  ・ ロ シ ア 班 --- 『ボルシチ』・『ビーフ・ストロガノフ』
  ・ タ      イ 班 --- 『ヤムウンセン』・『ガパオライス』
  ・ メキシコ 班--- 『トルティーヤ』・『チリコンカン』・『エビの白ワイン蒸し』
  ・ イタリア 班 --- 『トマトソーススパゲティー』・『ティラミス』
  ・ イ ン ド  班 --- 『カレー2種』・『ナン』

  
  
   
  
  
  
  
                                           ↑ 初めてのボルシチ!
 各国の伝統料理は、どの班も一度も作ったことや食べたことがないため、中には出来上がった料理の味に驚く生徒もいました。
 地元(ローカル)で購入した食材を使って世界の(グローバル)料理文化に触れることができるグローカルなプロジェクトとなりました。
 今後は調理過程を英語で説明した、まとめの大型ポスター制作に取り組みます。
08:40
2016/02/15

1学年「社会と情報」

| by 管理者
 2月4日(木)と8日(月)、1学年『社会と情報』授業で、プレゼンテーションソフトを使った発表を行いました。
 発表テーマは自由で、生徒たちは各々の興味のあることについて発表しました。
 授業は準備を含め、次のように展開してきました。
  1 インターネット情報検索の注意点を理解する。
  2 効率的な情報検索をする。
  3 プレゼンテーションソフトの操作方法を理解し作成する。
  4 発表・相互評価
  5 反省とまとめ

  
 これまでにも郷土の歴史学習等、何度かプレゼンテーションソフトを使用した発表を行ってきましたので、授業の発表では声のトーンを変えたり聴衆に問いかけたりする等、工夫や改善が見られました。
 一方、互いの発表を見て、「画面に字が多すぎてわかりにくい」「原稿を棒読みするのでは効果的に伝えられない」「自分の発表内容を良く理解する必要がある」等課題を発見していました。
 本校では、2学年になると職場体験をはじめ発表の機会がたくさんあります。この反省を活かして情報伝達力を一層向上させてほしいと思います。
09:00
2016/02/04

KEEP!書きそんじハガキ回収活動

| by 管理者
 2月2日(火)、KEEPチームリーダーの2年山本さんが上ノ国小学校を訪問し、児童会の皆さんに「書きそんじハガキ回収活動」の説明を行い、ポスター、パンフレット、回収ボックスを手渡しました。
 
 KEEPがユネスコスクールとして1月から取り組んでいる「書きそんじハガキ回収活動」は教育の機会に恵まれない人たちを支援する活動で、上ノ国高校だけでなく、町内小中学校の児童会や生徒会、道の駅上ノ国もんじゅ、江差信用金庫上ノ国支店、ショッピング小林、トライマートの4つの事業所に賛同いただき、回収ボックスを設置させていただいています。
 この活動は3月11日(金)まで実施します。「書きそんじハガキ」とは未投函の切手付きハガキのことで年賀状も含みます
 さらに、未使用の切手、図書カードなどのプリペイドカード、図書券などの商品券も回収していますので、ぜひご協力ください。
11:21
2016/02/01

上ノ国高校いじめ根絶宣言!

| by 管理者
1月29日(金)全校集会を行いました。

【校長講話】
 本校のKEEPの取組がJICAグローバル教育コンクール2015グローバル教育取組部門で佳作(団体応募)を受賞したことについて紹介がありました。KEEP始動から1年半、既に地域の方々に広く認知されており、、生徒たちがKEEPを自分たちで牽引し、様々な活動をとおして人と人を繋いできたことを讃えました。

【いじめ根絶宣言】
 川島生徒会長が次のように全校生徒に語りかけ、仲間とともにいじめ根絶宣言をしました。

 「いじめ根絶討論会は、前々会長の村上会長(兄)から前会長の村上会長(弟)、そして現在へと、3代に渡る自発的な取組として2年間で計4回実施しました。また、ステップアップ・プログラムにおいても様々な角度からいじめについての研修や討論等を行ってきました。
 いじめは人間として絶対に許されない行為であり、どんな理由があっても人の身体や心を傷つけてはいけません。
 現在本校にはいじめはありませんが、いじめの原因となるものは誰の中にもありますだからこそ、無自覚にいじめが始まってしまうことを未然に防ぐためにも、いじめの原因となるものをしっかりと自覚し、これまでの取組の成果を繋いでいくためにいじめの根絶を宣言します。」

 いじめ根絶宣言は、いじめ根絶討論会でグループリーダーを務めた10人の3年生が、宣言文自覚宣言のパートに分かれて交替で読み上げ、生徒会長が校長先生に手渡しました。

 校長先生は「自覚と宣言からうまれるのは責任と誇りです。様々な情報が交錯する現代において、情報の真偽を自分の目と耳で確かめることはもちろん、己の価値観や人生観でしっかりと判断することが極めて重要です。今日ここに、仲間とともに宣言文を読み継いだことが、自分たちで考え、それを繋いだものであることを明確に表していました。立派でしたよ。」と話されました。

   
   

届いた!服のチカラプロジェクト】 
 最後に、前日UNIQLOから届いたばかりの”届けよう、服のチカラ”プロジェクトレポートDVDを視聴しました。
 そこには、小中学校や地域の皆さんからいただいた子供服がアフリカ東部ウガンダ国の難民キャンプに届けられ、そこには満面の笑顔で嬉しそうに着ている子供たちの姿がありました。

   

 3年生は、このあと2月末まで家庭学習期間となり、国公立2次試験や会社・進学先からの課題等に取り組みます。
 2月末、卒業を前に一層成長した姿に会えることを楽しみにしています。
13:00
2016/01/29

3学年『情報処理』

| by 管理者
 1月27日(水)と28日(木)、3学年必修科目『情報処理』の最後の授業で、起業を想定したプレゼンテーションを行いました。
  1 テーマ設定   「上ノ国で事業を立ち上げるとしたら」
  2 聴衆設定   上ノ国町民(生徒の役割)
  3 質疑応答   発表後に聴衆との質疑応答を行う

 30人が6つのグループに分かれて12月から調査、研究、討議をして準備してきました。
 「上ノ国の特産物を使用したファーストフード店」「ピザをボール型・スティック型にしてドライブスルーも可能なピザ店」など各グループともにユニークなアイディアを発表し、質疑応答での厳しい指摘や想定外の質問にも臨機応変に対応していました。
 この授業での成果を、4月からは即戦力として職場で早速活かす機会があるかもしれません。
  
12:33
2016/01/28

1・2学年スキー学習

| by 管理者
 1月20日(水)から27日(水)まで、1・2学年各2回のスキー学習を上ノ国町湯ノ岱スキー場で実施しました。道立高校間連携事業の一環として江差高校から2名の先生にお越しいただき、技術レベルに応じた3グループ編成で授業を行いました。
 用具の点検方法や安全面の注意事項、スキー場でのマナー等を学んだ後、グループに分かれて授業が始まりました。生徒たちはアドバイスを熱心に聞いて技術向上に励み、テストに臨みました。初日にはできなかった技術を2日目に習得して大喜びする生徒もいました。
 わずか2日間でしたが全員が滑走技術を向上させ、安全に怪我なく楽しく授業を終えることができました。
  
  
 スキー学習にご協力いただきました上ノ国町教育委員会及び湯ノ岱スキー場関係者の皆様、並びにご協力いただきました江差高校保健体育科2名の先生に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
12:24
2016/01/19

明るい選挙啓発ポスターコンクール表彰式

| by 管理者
 1月17日(日)、本校1年生の佐藤さんが、『明るい選挙啓発ポスターコンクール』に地歴公民科の夏休み課題として出展した作品が北海道審査入選し、函館市で行われた表彰式で賞状と副賞を授与されました。本年7月に予定されている参議員議員通常選挙での18歳選挙権の行使を前に、生徒たちが政治に関心を持って主体的に学び、有権者として求められる力を身に付ける良いきっかけとなりました。
  
 ↑ 渡島総合振興局長から授与されました         ↑ 佐藤さんの入選作品『その一票が日本の未来を決める』
12:25
2016/01/18

冬季休業中の上高!

| by 管理者
 冬季休業前にはほとんどなかった雪が昨年末から年明けまで降り続き、学校の周囲はすっかり雪景色となりました。
 冬季休業中、上ノ国高校には進学講習部活動に積極的に取り組むたくさんの生徒の姿がありました。
 講習は、3年生
が大学入試センター試験対策直前講習に11日間、1・2年生は7日間の進学講習に真剣に取り組んでいました。
 また、講習の空き時間を利用して、基礎事項の復習や弱点克服のためコンピューター室でeラーニングに取り組む生徒の姿がありました。
 部活動では、バスケットボール部、バレーボール部、野球部が、チームや個人の課題克服を目標に、実践練習や基礎体力トレーニングを体育館・トレーニング室等で行っていました。総合文化部はコンクール出品作に一生懸命取り組んでいました。
 また、教員も指導力の向上を目指して校内研修会を行いました。本庁からの講師による講演や演習を行ったり、各教員が今年度様々な出張や研究協議会等で学んだことを報告し合い、全教員で共有しました。

   
  
 ↑ 各学年の進学講習の様子です。3年生センター直前講習日本史講座では正宗公?が受験生を激励しました。
  
 ↑ eラーニングは講習の空き時間に利用、続きは家庭でインターネットスマホで取り組むこともできます。
  
 ↑ 昨年躍進したバスケットボール部と、公式戦出場に向けて鍛錬するバレーボール部、この他野球部も屋内での練習を行っていました。
  
 ↑ 総合文化部はコンクール出品の準備をしています。      ↑ 校内研修会(講演・演習の様子)
12:10
2015/12/28

就職希望者全員内定!

| by 管理者
 9月15日(火)から16名の就職希望者が目標の実現に向け全力で挑戦してきました。何度何度も書き直す履歴書、うまく話せず何十回も重ねた面接練習、自己アピールに悩み涙も流しました。でも、最後まであきらめず力一杯頑張りました。
 そして、クリスマスイブの内定連絡で、見事16名全員が人生のスタートラインに立つことができました。
 どんなに苦しくても、根気強く、泣きながらも精一杯頑張り抜いた上高3年生、立派でしたよ。
   就職内定100%達成!おめでとう!!
12:32
2015/12/28

冬季休業前全校集会

| by 管理者
 12月22日(火)は今年最後の登校日となり、午後から球技大会表彰式合格証書の伝達式全校集会を行いました。
  
 球技大会表彰                                  全商電卓検定1級合格証書伝達
  
 校長講話
 
 冬季休業中も部活動講習が行われます。体調管理をしっかりして、どんどん自分を高めましょう!
12:28
2015/12/28

球技大会

| by 管理者
 12月21日(月)、球技大会を行いました。バドミントン、男女バスケットボール、男女バレーボールを総当たりで行い、各クラスが団結し各種目1位と総合1位を全力で目指しました。
    
  
  
  
   
平成27年度 球技大会 成績
【バドミントン】 (男子) 第1位   3A           第2位   2A 、1A【バドミントン   
バレーボール】 (男子) 第1位   3A           第2位   1A           第3位 2A
バレーボール】 (女子) 第1位   3A           第2位   1A           第3位 2A
バスケットボール】 (男子) 第1位   3A           第2位   1A        第3位 2A
バスケットボール】 (女子) 第1位   3A           第2位   1A        第3位 2A

総合順位      第1位   3A       第2位   1A    第3位 2A
 今年は3年生の完全優勝でした。また、1位チームと教員チームによるエキジビジョン・マッチをバドミントンとバレーボールで行いました。
 笑顔フェアプレー明るさ思いやりにあふれた、どの学年にとっても良い思い出となる球技大会でした。
 大会を運営した生徒会執行部と実行委員会の皆さん、お疲れ様でした。

12:08
2015/12/28

バスケットボール新人戦

| by 管理者
 12月19日(土)、函館地区高校バスケットボール新人大会が行われ、本校初戦は14:00から函館大附属柏稜高校との対戦でした。序盤からなかなか自分たちの流れをつかめず、残念ながら83-108で敗退しました。
 1年生だけの本校チーム、この冬に課題を解決し必ずや素晴らしいパフォーマンスを見せてくれると信じています。
   
   
 今年度はこの試合を以て体育系部活動の公式戦が全て終了しました。保護者の方々を始め、応援してくださいました皆様に深く感謝申し上げます。 ありがとうございました。
12:00
2015/12/28

飲酒・喫煙防止出前授業

| by 管理者

 12月16日(水)上ノ国小学校6年生、17日(木)に滝沢小学校5,6年生に、本校ボランティア局員ピアサポーターとして飲酒・喫煙防止出前授業を行いました。ピアサポート(peer support)とは「同じような立場の人によるサポート」といった意味です。
 今回のピアサポートは、高校生が町内の小学校を訪れ、飲酒・喫煙の害や誘いの断り方などを、クイズやグループ学習を通して小学生と高校生が交流しながら学び合いました。  ※都合上、滝沢小学校のみの撮影となりました。
  
  
  
  
 飲酒・喫煙の害についてクイズを行ったあと、飲酒・喫煙をどのように断るかについてのグループ討議を行い、各グループで考えた断り方をグループの代表者がロールプレイで演じました。
 「ピアサポート」は仲間同士の支えあいという意味ですが、和やかな雰囲気の中にも飲酒・喫煙に対する毅然とした態度が見られました。


11:22
2015/12/21

海外研修報告会

| by 管理者
 12月18日(金)、海外研修報告会が上ノ国町ジョイじょぐら天の川ホールで行われました。前年度派遣生徒2名の司会進行により、校長挨拶の後、工藤町長と三浦教育振興会長から来賓ご挨拶をいただき、今年度派遣団による研修成果が報告されました。 
   
 派遣団長による全体報告の後、5名の各生徒が自己紹介と挨拶、研修の感想や小中学生の皆さんへのメッセージ、上ノ国町への感謝の気持ちを英語でスピーチし、研究テーマの「住宅」、「自然」、「先住民族」、「食生活」、「農業」について、成果や体験を今後どう生かしていくかなど、パワーポイントを使用して立派に報告しました。
  
  
  
 報告後、質疑応答が行われました。
  
 派遣団5名の共通した感想は、「分からないことがあっても立ち止まったままでいるのではなく、自ら積極的に行動することが大切」でした。
 ゲストの上ノ国小学校6年生と上ノ国中学校2年生の皆さんからは、「ニュージーランド、行きたい!」との声も聞かれました。今後、報告会に出席してくれた小学生、中学生の皆さんが異文化理解や交流に興味を持ち、上ノ国高校で海外研修に参加し、視野を広げてくれることを期待しています。 
 今年度の海外研修事業についてご理解とご協力、ご支援くださいました、上ノ国町をはじめとする多くの皆様に深く感謝申し上げます。
 本当にありがとうございました。
10:30
2015/12/21

就職基礎マナー講座

| by 管理者
 12月17日(木)、2・3学年対象の『就職基礎マナー講座』を実施しました。
 午前の4校時は、2年生全員を対象として、就職後早期離職を防ぐための仕事選びの基本から、職場での挨拶の基本などについての講義が行われ、講師の方々からの生徒への発問・応答など活発な講義になりました。
  
 午後からは3年生の大学受験生徒を除いた就職希望者と進路内定者を対象に、お辞儀の角度から、飲み物の出し方、名刺の交換の仕方など、職場で必要なマナーの基本をワークショップ形式で学びました。来年4月から即必要な基本的知識であることから、和やかな中にも生徒たちの真剣な姿勢がうかがえる2時間でした。
  
  
 ご多忙の中、講師としてお越しいただいたハローワーク函館の皆様に感謝申し上げます。 ありがとうございました。
10:18
2015/12/21

2年選択フードデザイン『コース料理』

| by 管理者
 12月16日(水)、2年生選択授業「フードデザイン」の調理実習で『コース料理』を実施しました。
 食べてもらう人を決め、その人の嗜好等に合わせたテーマに沿って、カロリー計算、器の選択、盛りつけ、テーブルの飾り付け、BGM、給仕と、クリスマス・スペシャルコースを総合的に創作しました。
  
  
 ・前菜『スペシャルベジタリアンサー・カド・キュリ巻き、いちょう型』     ・スープ『上コーンスープ』
  
 ・メイン 『春の風と手羽先中のソイソースハーモニー』    ・サラダ『フレッシュサラダパフェ』
  
 ・サーブには料理の説明を添えて                  ・デザート『虹のかけらゼリー』

  招いた2人のお客様(教諭2名)は 「たくさんの野菜を、様々な調理方法で味わうことができ、どれも美味しかった。」
 「味はもちろん、見た目鮮やかで視覚的にも楽しめる料理だった」との感想。
 
 料理のテーマに添った感想で、生徒たちの意図はしっかりと伝わったようです。
 料理は「栄養を摂るための手段」だけではなく、「食べる人への想いを伝える表現」でもあることを、実習を通して理解を深めました。
10:15
2015/12/21

保育所実習最終回

| by 管理者
 12月15日(火)、3学年選択授業『子どもの発達と保育』年5回の保育実習が最終回となり、PDCA(計画→実行→評価→ 改善)サイクルを行いながら学んできた読み聞かせの総まとめを行いました。
   
  
 生徒たちは、保育実習でお世話になった感謝の気持ちを込めて、子どもたちへの手作りおもちゃのプレゼントを携えて訪問しました。
 おもちゃは幼児の発達段階に応じて楽しめるよう「完成品」「完成途中で子どもたちと一緒に完成させるキット」「最初から一緒に作るキット」を準備しました。どれも喜んでくれたようで、所内に子どもたちの歓喜の声と、充実感あふれる高校生の姿が一体となり、保育所内は賑やかな雰囲気となりました。
  
   
    
 4月からの長い期間、大変お世話になりました保育所職員の皆様、子どもたち、保護者の皆様に深く感謝を申し上げます。
 ありがとうございました。
10:10
2015/12/21

多文化理解授業

| by 管理者
 12月10日(木)、3年コミュニケーション英語Ⅱの授業で、ALTのPaula先生が、いつもこの時期に家族と祝っているハヌカー(Hanukah)というお祭りについて英語でプレゼンテーションをしてくれました。
 ハヌカーはユダヤ歴の第9月の25日から8日間に渡って祝う祭りで、クリスマスと同じ時期に祝いますがクリスマスとは起源は全く異なります。
 Paula先生は、祭の期間中に1本ずつ火を灯す8枝の燭台「メノーラ」(Menorah)や子供たちの独楽(コマ)遊び「ドレイドル」(Dreidel)、お祈りの後に食べる「ポテト・ラトケス」(Potato Latkes)の実物を見せながら英語で紹介しました。
   
  
 ・Menorah                                                                                    ・Potato Latkes 
 
 Paula先生の出身国アメリカ(United States of America)が移民(immigrant)の国であり、多様な文化を包み込んでいる多文化社会(Multiculturalism)であるということの理解が深まりました。
09:42
2015/12/21

檜山管内生徒会リーダー研修会

| by 管理者
 12月10日(木)、檜山管内生徒会リーダー研修会が檜山北高校で行われました。本校からは執行部生徒4名が出席し、上ノ国高校・江差高校・檜山北高校それぞれの特色ある取組や研修テーマである「学校祭」について発表を行いました。
  
 その後、各校混合の班に分かれての討議を行い、成果を発表して共有しました。
  
 南北に距離の長い檜山管内で年に一度、生徒会のリーダーが交流する貴重な機会となりました。
 参加した4名の執行部員は、成果を来年度の活動に活かそうと考えています。
09:16
2015/12/15

1・2学年保護者対象進路説明会

| by 管理者
 12月11日(金)、1・2学年保護者対象進路説明会を実施しました。
 
 北海道情報専門括弧の井上朋久氏を講師としてお招きして『進学の概況と進学資金について』お話をしていただきました。
 続いて、本校進路指導部長が上高生徒の進路実現状況と、1・2学年での学習成績や部活動・課外活動での成果・結果がどのように評価されるのか等、具体的な説明をしました。
10:20
2015/12/15

キャリアプランニング・ガイダンス

| by 管理者
 12月11日(金)、1・2年生を対象とした初めての取組である『キャリアプランニング・ガイダンス』を実施しました。
  
 腰山 みゆき 講師(イメージコンサルタント・カラーアナリスト)         松居 健輔 講師(株式会社ライセンスアカデミー札幌支社長)
  
 松前 洋三 講師(ジョブカフェ・ジョブサロン函館 キャリアアドバイザー)  鈴木 久夫 講師(北工学園札幌福祉医薬専門学校広報部長)
 
 4名の講師の皆様から人生の軌跡をもとに、社会の厳しさや、生き抜く方法成功の秘訣等についてお話いただきました。
 生徒たちは各々2つの講話を拝聴し、社会での心構えや挫折の乗り越え方、自分にあった職業選びや安易な離職防止、キャリアアップに繋がった転職の経験談など、学校生活では思いもつかない人生においての大切なことを学ぶことができました。
 講師の皆様には、大変お忙しい中、貴重なお話をしていただき心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
10:15
2015/12/11

第2回いじめ根絶討論会

| by 管理者
 12月9日(水)、第2回いじめ根絶討論会を実施しました。7月の第1回目で行ったSNSなどのインターネットにおけるいじめの特徴分析をもとに、いじめが始まるきっかけについて10班に分かれてグループ討議を行いました。
  
  
  
  
  
  
 第1回目の討論会では、いじめに関わる可能性は誰にもあるということを前提に討論会を進めました。心には「いじめのスイッチ」があり、それが何かのきっかけでONにならないよう、気をつけなければならないことについて、各グループがKJ法を使って討議しました。そして、その結果を各グループリーダーが全体で発表して成果を共有しました。
 今後、討論の成果をどのようにまとめ、根絶宣言に繋げるかが重要であり、執行部を中心に鋭意検討中です。
08:38
2015/11/30

一般救命講習会

| by 管理者
 11月25日(水)、教員校内研修として、上ノ国消防署から2名の救急救命士を講師にお招きし、一般救命講習を実施しました。
 心肺蘇生法AEDの使用方法について全員が実技や様々な場面の対応についての質疑応答を行うなど、充実した研修となりました。
  
08:12
2015/11/30

第2回学校評議委員会

| by 管理者
 11月24日(火)、第2回学校評議員会が開かれました。
 11月末までの教育活動報告の後、評議員の皆様から多くの貴重なご意見等をいただきました。

 ここ10年の教育活動の成果が、最近の上ノ国高校の教育環境の向上や進路実績に表れていることがうかがえる。
 上ノ国高校の様々な取組や魅力が、家族兄弟姉妹、先輩後輩、地域等での口伝えにより広がっていることがうかがえる。
 上ノ国高校は卒業後でも進路に関わって親身のキャリア指導をしてくれ、小規模校の良さが活かされている。
 中学や高校では、将来目標を設定した上での進路決定を迫られるが、明確な目標を持つことは容易ではなく、目標は学習や体験により 変わることもある。上ノ国高校で行われている「高校での学習や体験を通して、進路の目的・目標を一緒に探そう」という指導スタンスは望ましく効果的であると思う。
 中学生の保護者と、中学校の先生方に対して、大学進学等に関わる情報提供の機会を上ノ国高校で是非設けてほしい。
 中学3年生の進路指導を直接担当するクラス担任教諭を始め、中学教諭との交流を今まで以上に積極的に行い、上ノ国高校の学習指導や進路指導の実際を知ってもらうことは、今後の連携において大変重要である。

 賜りました貴重なご意見を、年度後半はもとより、今後の教育活動に生かして参ります。
 大変お忙しい中ご来校くださいました評議員の皆様、本当にありがとうございました。
08:11
2015/11/24

バスケットボール冬季大会

| by 管理者
 11月21日(土)、第32回函館地区高等学校バスケットボール冬季大会が行われました。
 初戦の対知内高校は、序盤の劣勢を逆転し73-58勝利。続く2回戦は函館中部高校。厚い選手層の相手に苦戦を強いられ、惜しくも63-85で敗退しました。 会場で熱い声援を送ってくださいました皆様、ありがとうございました。
 
今年度は12月19日(土)~の新人大会が最後の公式戦となります。応援よろしくお願いいたします。
   
   
   
  
18:07
2015/11/19

KEEP"届けよう、服のチカラプロジェクト”

| by 管理者
 11月18日(水)、この度の"届けよう、服のチカラプロジェクト"では、多くの皆さんのご協力により20kg容量段ボール12箱の子ども服が集まりました。携わったKEEPボランティア局総合文化部の生徒全員が感動するとともに、今後の活動へ気持ちをあらたにしました。
 11月25日(水)集荷後、ユニクロ社での選別作業を経て難民キャンプへ届けられ、来年1月にはキャンプからのビデオレターが届く予定です。ご協力いただきました上ノ国小学校、河北小学校、滝沢小学校、上ノ国中学校の児童会・生徒会と保護者の皆さま、そして町民の皆様に、改めて心から感謝申し上げます。 本当にありがとうございました。
 

08:11
1234
お知らせ
 2014年度のTopics・ニュースは、左メニューの過去のTopicsにあります。
 

研究指定事業等

 

カウンタ-

144877
             since2013.05.23  

バナー


ユネスコスクール











学力向上について 保護者向けページヘ



北海道いじめの防止等に関する条例


高等学校等就学支援金制度
 

詐欺にご注意下さい!

 卒業生の自宅に、「〇〇高校の事務の〇〇です」と名乗り、「卒業後の調査をしているので、お子さんの現住所(進路先)を教えて欲しい」といった内容の不審電話が全道的に頻発しています。
 本校事務から、電話で卒業生の個人情報に関する問い合わせをすることはありませんので一切応じないでください。万が一、このような類の不審
電話があった場合は、落ち着いて確認・対応され、速やかに警察へ連絡してください。