「地球規模の視野で考え、地域視点で行動する」ー グローカルステーション上高 
    北海道上ノ国高等学校  
    
          Hokkaido KAMINOKUNI High School

 

新着情報

[NEW]
・図書だより(第4号)を更新しました。メニューの「各種通信」からご覧いただけます。(H30.7.21)
・今年度の夏季休業期間中における「学校閉庁日」に関するお知らせ文書とリーフレットを更新しました。(H30.7.17)
詳しくはこちらをご覧ください。
H30 学校閉庁日の緊急連絡先について.pdf    H30 学校閉庁日リーフレット.pdf

・「平成29年度北海道高等学校学習状況調査における本校生との学習及び家庭学習時間等の状況について(ご報告)」を更新しました。
詳しくはこちらをご覧ください。H29 学習状況調査(保護者向け文書).pdf

【速報!】祝!全国大会出場!
 3A武田優紀香さん 第71回北海道高等学校陸上競技選手権大会女子走幅跳競技において、
決勝5m55を記録し第6位に入賞し、8月1日から三重県で行われるインターハイに出場が決定しました!!

      
・校長ブログ毎日更新中!(H30.4.12)

 

オンライン状況

オンラインユーザー22人
ログインユーザー0人

リンク


文部科学省

  檜 山 教 育 局
 
    HIYAMA District Office. 
 Hokkaido Board of Education.


国立教育政策研究所 National Institute for Educational Policy Research

北海道立教育研究所

北海道立特別支援教育センターです


北海道高等学校教育研究会

北海道上ノ国町


  函館地方気象台

     HAKODATE LOCAL
  METEOROLOGICAL OFFICE 

 5分でできるストレス
   セルフチェック
   ~厚生労働省~


 

学校所在地

〒049-0695 
北海道檜山郡上ノ国町字大留351番地
TEL 
(事務室)0139-55-3766
(職員室)0139-55-3767
FAX 0139-55-3768 
E-mail kaminokuni-z0@hokkaido-c.ed.jp
 

閲覧について

本校ホームページの内容・写真等を無断で複写・転載することや、営利目的の利用を固く禁じます。
Copyright 2013-2018
kaminkuni high school.
All rights reserved.

 

日誌

上高日記
12
2018/07/18new

進路相談会in上ノ国

| by 管理者

7月13日(金)上ノ国町内のジョイじょぐらにて、「進路相談会 in 上ノ国」を実施しました。まず、午前中に、札幌放送芸術&ミュージック・ダンス専門学校と札幌アニメ・声優専門学校による進路ミュージカル『線路は続くよどこまでも』を鑑賞しました。このミュージカルは登場人物たちが高校生ということもあり、生徒たちにとって、より共感しやすい内容だったようです。進路ミュージカル鑑賞後、生徒からは、「私も進路はまだ迷っているけど、親や先生に言われたことじゃなくて、自分の進みたい進路にいけるように今頑張ろうと思った。」「すごくおもしろかったです。進路についてもう一度見直そうと思いました。」という感想がありました。

午後からは、50校もの大学・短期大学・専門学校にお集まりいただき、進路相談会を開催しました。また、上ノ国町役場や檜山振興局をはじめとした公務員関係のブースや民間企業のブースも設けました。他の進路相談会と異なり、一つの会場に「進学」と「就職」という2種類のブースがあるため、どちらの進路に進むか迷っている生徒たちにとって、大変参考になったのではないかと思います。どの生徒も興味のあるブースに行き、説明に真剣に耳を傾け、質問していました。この「進路相談会 in 上ノ国」をきっかけに、今後の進路活動により積極的にかつ自主的に励んでもらいたいと思います。
  
  
  
  
  
  


12:03
2018/07/17new

第3学年「倫理」 「仏教的世界観から生き方を考える」

| by 管理者
 本校では今年度から「倫理」の授業が始まりましたが、授業の一環として、「仏教的世界観から生き方を考える」と題した取り組みを6月から行ってまいりました。江差町の正覚院のご住職松村俊昭様をお招きし、第1回(6月4日)・第2回(6月19日)は講話形式、第3回(7月12日)は演習形式で青年期を生きる高校生が抱える悩みや葛藤を認識し、それを乗り越える方法について考え、有意義な時間を過ごすことができました。特に本格化してくる進路活動に頭を悩ませる時期の3年生だからこそ、自分たちが今後「より善く生きる」ための方策を真剣に考え、表明することができました。
  
  
 
15:09
2018/07/13

第37回上高祭

| by 管理者
 7月7日(土)・8日(日)の両日、第37回上高祭を開催しました。土曜日は天候に恵まれず、行灯行列と花火打ち上げを日曜日に変更しての実施となりましたが、生徒は最後まで元気に各部門で活躍しました。
  
  
  
  
  
  
  
   
     
  
  


    
08:45
2018/07/04

3学年進路ガイダンス

| by 管理者

7月2日(月)の求人票の公開に伴い、3学年を対象に進路ガイダンスを実施しました。今年度は講師として、函館公共職業安定所(ハローワーク函館)の野辺地敏様と柿崎清美様をお招きしました。4時間目は柿崎様より「求人票の読み方」についてご説明いただきました。求人票の各項目の確認後、実際に求人票を見て、求人票には表記されていない業務を「読み取る」練習もしました。また、5時間目は野辺地様より、「面接マナー」についてご説明いただきました。まず、面接の意義についてのご説明、さらに、メラビアンの法則をもとに、第一印象の大切さについてもご説明いただきました。後半には、全員が面接の入退室マナーを実践しました。

 この進路ガイダンスで教えていただいたことを今後の進路活動とそれぞれ進路実現に向けて生かしていきます。
  
  


08:00
2018/07/04

3学年保護者向け進路説明会(就職)

| by 管理者

6月29日(金)18時30分より、本校にて3学年就職希望生徒保護者向け進路説明会を実施しました。今年度より講師として函館公共職業安定所(ハローワーク函館)の梅崎博之様をお招きし、ご講演いただきました。説明会では、就職活動スケジュール、企業が求める高校生、保護者にできる就職支援などについて詳しくご説明していただきました。


08:00
2018/06/29

2学年職場体験学習発表会

| by 管理者

 6月27日(水)に2学年が職場体験学習発表会を行いました。発表はお世話になった事業所の方々と1年生に向けて行われました。発表内容は、2日間の職場体験学習で体験したこと、働いてみて初めて気づいたこと、今後の学校生活で生かしていきたいこと等でした。多くの生徒たちが、職場体験学習を通して、挨拶、コミュニケーション、積極性の大切さについて学びました。1年生は先輩方の発表に真剣に耳を傾け、メモを取る姿が見られました。この職場体験学習を通して学んだことを、今後の学校生活に生かしてほしいです。
  
  
  


10:41
2018/06/29

2学年職場体験学習

| by 管理者

 6月13・14日の2日間、2年生38名が管内の事業所で職場体験学習を行いました。生徒たちは、それぞれの事業所において、学校の授業では学べない多くのことを学び、体験させていただいたようです。この場をお借りして、職場体験学習を引き受けて下さった事業所の方々に心より感謝申し上げます。

 2日間の職場体験学習後、生徒たちは27日の職場体験学習発表会に向けてスライドや原稿作成の準備に取り組みました。
  
  
  
  
  
  


10:21
2018/06/29

2学年「世界一大きな授業」

| by 管理者
 英語科が2学年のコミュニケーション英語Ⅱの授業で「世界一大きな授業」を実施しました。前半はクイズを通して、世界の教育の現状、教育のための予算が少ない現状について学びました。後半は、予算が「教育」「軍事費」「ゲーム市場」にどれだけ使われているのかを学びました。「教育」のために使われるお金が最も少ないことを知り、大変驚いていました。そして、「教育」「軍事費」「ゲーム市場」で使われるお金を、リボンの長さに例え、比較してみました。最後に、「私たちの政策提言」と題して、首相・外務大臣宛に「世界中の子どもたちが学校に通えるようになるために日本政府にお願いしたいこと」を書きました。生徒たちから、「国際関係をよくして世界から戦争をなくし、軍事費の削減に取り組んでほしい」や「経済的に困難な人々も学校に通えるようにするため、軍事費より教育にお金をかけてほしい」という提言がありました。
  
  
 
10:16
2018/06/29

1学年「世界一大きな授業」

| by 管理者

 英語科が1学年のコミュニケーション英語Ⅰの授業で「世界一大きな授業」を実施しました。「世界一大きな授業」とは、教育協力NGOネットワーク(JNNE)が主催する、「持続可能な開発目標(SDGs)」の「ゴール4=教育目標」を達成するための世界規模の活動です。

 前半はクイズを通して、世界の教育の現状を学びました。世界には、文字が読めない・書けない子どもたちが予想よりも多い現状にショックを受けた様子でした。後半は、文字が読めないという疑似体験をしました。生徒たちからは、「実際に文字が読めないという体験をして、私が文字を読み・書きできることはすごく幸せなことなんだと思いました。」や「将来、機会があれば、学校に通えない子どもたちに読み・書きや世界のことを教えてあげたいです。」という感想がありました。
  
  


10:09
2018/06/21

自衛隊来校

| by 管理者
 6月15日(金)に自衛隊函館地方協力本部本部長大石徹郎1等空佐が来校され、本校校長と懇談を持ちました。ご多用の中、来校頂き誠にありがとうございます。
 
16:13
12